TOP > ネタ・話題 > 都議「東京五輪マラソンの札幌変更はIOCファースト」、選手や都民へのダメージ懸念 - 弁護士ドットコム

都議「東京五輪マラソンの札幌変更はIOCファースト」、選手や都民へのダメージ懸念 - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】東京五輪のマラソンと競歩の開催地をめぐり、激しい攻防が続いている。東京都議会の最大会派である都民ファーストの会は10月29日、日本外国特派員協会(FCCJ)で会見、札幌への変更を決...

ツイッターのコメント(17)

かけた費用が無駄になる、ではなく、無駄な費用をかけた、じゃないの?結局クソ暑いのは変わらないんだからさ。
都知事以降何でもファースト付ける風潮が馬鹿っぽくて嫌
「アスリートファーストではなく、IOCファーストだ」と主張する都民ファーストの都議というギャグみたいな構図になってて、確かに、都民の利害を第一に優先するという意味では、名を見事に体現した主張ではある。
外国特派員協会記者会見
マラソン競技のリスクは温度だけではない。これは選手やスタッフが言っていた言葉。温度だけで語られるのに違和感…
→「東京五輪マラソンの札幌変更はIOCファースト」、選手や都民へのダメージ懸念|弁護士ドットコムニュース
>「2024年五輪が開かれるパリの今夏の気温は40度だった」

それは東京でやれる理由じゃなくてパリも中止すべき理由だよ……。
完全にIOCファーストだな。
ランナーは夏の大会に合わせて身体を作ってるんだからその努力もすべて捨てろと言う話だよね。酷い
←ドーハの世界陸上のことを知らないのか忘れたのか、どちらでもいいけど、視聴者としては酷暑で選手がバタバタ棄権する大会は見たくないな
「選手達は東京の暑さに標準を合わせてるのに、4年の努力を無駄にするつもりか!」みたいなことがよく言えたな。「選手ファースト」というのはまずなによりも「生命の安全ファースト」ということ。そもそも安全性を無視してここまで進めた東京都と政治家がまず謝りなさい。
「都民ファーストの会は…日本外国特派員協会で会見…国際オリンピック委員会に対し…強く批判…札幌で開催した場合の…コストを340億円と試算…遮熱性舗装費用300億円や、東京で9月に開催されたテストイベント費用…など…無駄となり、都民や都に与えるダメージが大きいと」
都ファ記者会見の詳細。ホントその通り。

>(IOC)に対して、「アスリートファーストではなく、IOCファーストだ」と強く批判した。
・・・「もう五輪を開催できる都市がなくなる。五輪の持続可能性に関わる問題」なら、もう8月にオリンピックを開催しなければ良い。
都議の「2024年五輪が開かれるパリの今夏の気温は40度だった」という指摘の意味がわからない。パリが暑いならパリもマラソンに不適切というだけの話であり東京でマラソンができる理由にはならんだろ
IOCも含めて登場する組織・人物すべてがバカに見える.
IOC「東京の夏は暑いからマラソンは札幌で」、都議「次のパリ五輪は気温40度です」。のマラソンの札幌変更に、「五輪の持続可能性に関わる」と都民ファーストが抗議の声をあげました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR