池袋暴走事故、刑事弁護人は「無罪主張と反省は両立する」 被告人へのバッシングは何が問題? - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し12人が死傷した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)の罪で起訴された男性被告人(89)が、10月8日にあった初公判で起訴...

ツイッターのコメント(20)

真意は解らないけど、事案的には「言葉が示す通り」
なのだろう、けど、その場に居なければならないの?

|
被告人へのバッシングは何が問題?|弁護士ドットコムニュース
|

批判する自由。
はい、論破。。。って、ならないの?
いやそもそも法廷で居眠りととれる行動してる時点で反省してないな?
論点ずれまくってんのがそれだから
無罪主張したらそれに民間人が口出しするな?それこそ越権にも程がないかい?

|
@ora3298 ルミナスの人ってこの先生ですか?この記事を見てモヤモヤしていたのですが・・・。少し前のツイートで「なんか見た」と書いてるのはこの記事のことです。/
無罪主張

人がなくなってしまったら無罪は主張するとしても、少しは自分が悪かったかもと考えると思いますが。そういった発言がないので反発があると考えます。あるいは弁護士がそのような発言を止めているのでしょうか。
キャッチボールによる過失に置き換えてみたら?
という記事だが、予約した店に遅刻しそうで急いだ結果、引き起こされた本事故を例えるなら、煽り運転に例える方が自然な気が.
| クソのような言い分だけど こいつらそれで食ってる法律ヤクザだからね
 
PR
PR