紀藤弁護士「会見、訴訟…旧統一教会の迷走はカルトそのもの」「いまが国の正念場」 - 弁護士ドットコム

ツイッターのコメント(17)

「彼らの表情が同じこと、怒るトーンが一緒であること、世間の常識から遊離してしまっている事実を、面白がるのではなくて正面から受け止めてください。不安や恐怖によって人間本来の感情を押し殺した人たちの共通した姿です。カルト被害の実態そのものなのです」

紀藤弁護士
日本が先進国並みに到達できるか今が正念場👍
紀藤氏は「欧米に比べて周回遅れだった日本が、やっとカルト対策に向き合う時にきた。先進国並みに到達できるか今が正念場です」
抜粋》日本も担当大臣を立てて特別委員会で議論し、総括的な報告書をつくるべきです。解決のための処方箋をつくるには調査が必要です。先進国並みまでは、まだ3合目
《文科省は所管だから今の事態は想定できたのに準備不足です。できる限り議事は公開していかないと、無責任になります》

- 弁護士ドットコム
30年以上闘ってきた彼らの も視野に入ってきたが、紀藤氏は「欧米に比べて周回遅れだったが、やっとカルト対策に向き合う時に。先進国並みに到達できるか今が正念場です」。臨時国会は12/10まで。紀藤氏は、今国会でも特別委員会を作ることは可能だとの認識を示す。
"…「対策は周回遅れ、先進国並みまでまだ3合目くらい」
日本ではオウム真理教、旧統一教会とカルトに関連した大事件が2度も起きた極めて特殊な国にもかかわらず、一度も総括的な調査・報告はなされたことがない。…"

via「会見、訴訟…旧統一教会の迷走はカルトそのもの」
「_同じ発想の人たちで一定の議論しかできない_んです。_韓国からの指示で決めている_から会見を開くタイミングも最悪。内閣改造の日だったり、予算委員会の最終日だったり。_国会の議事を妨害_しているようなものです」
人間が持たねばならない最低限のデリカシーすらも感じられない。

宗教に絡むデリケートな問題なのであまり触れたくはなかったのだが、ここまでくるともはやこの人自体がカルトであり狂信者なんじゃないのか。。。
マインドコントロールのもとでの寄付を家族などが取り消せるよう新たな法整備が成立したら、
AV出演でも行われている
マインドコントロールや性的自傷搾取にも応用して欲しいな。
ここで縁が切れなければ終わり。
---
ダメだこりゃ… > 記事引用:「彼らの表情が同じこと、怒るトーンが一緒であること、世間の常識から遊離してしまっている事実…[中略]…不安や恐怖によって人間本来の感情を押し殺した人たちの共通した姿です。カルト被害の実態そのものなのです。」
その国を率いる自民が統一教会とズブズブだから心配になるんだよね。
「彼らの表情が同じこと、怒るトーンが一緒であること、世間の常識から遊離してしまっている事実を、面白がるのではなくて正面から受け止めてください。不安や恐怖によって人間本来の感情を押し殺した人たちの共通した姿です。カルト被害の実態そのものなのです」
紀藤弁護士「会見、訴訟…旧統一教会の迷走はカルトそのもの」

「欧米に比べて周回遅れだった日本が、やっとカルト対策に向き合う時にきた。先進国並みに到達できるか今が正念場です」(紀藤氏)
長年困難な問題に向き合い闘ってこられた同氏に敬意を表します。
メディアに引っ張りだこの紀藤正樹弁護士。旧統一教会問題は30年の時を超えて、動き始めました。消費者被害の弁護団長を何度も経験してきたからこそ「社会が動くには分かりやすさが必要」と法律用語をかみくだき、社会に訴えかけます。
以上
 
PR
PR