TOP > ネタ・話題 > 膨大な学習量、行事、部活…生徒を拘束する学校教育、「オンライン化」で見直されるか - 弁護士ドットコム

膨大な学習量、行事、部活…生徒を拘束する学校教育、「オンライン化」で見直されるか - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】新型コロナウイルスの流行によって、約2カ月にわたり全国の学校が一斉に休校する異例の事態が起きました。オンライン授業などを駆使して教育を継続した学校もありましたが、日本ではそのような学校は少数派です。海外に比べ環境整備......

ツイッターのコメント(10)

いじめ相談は激減したが、これを再開後にも維持し、変化の機会にできるのか。
コロナ禍でわかる学校教育の問題点
大学はともかく、小中高でオンライン化など論外。効率化によって利益を享受できるのは一部の層のみ。しかもコミュニケーション能力育成は困難。

@bengo4topics
膨大な学習量、行事、部活…生徒を拘束する学校教育、「オンライン化」で見直されるか 「日本の教育を変えるきっかけとして考えたい。あきらめずに議論を続けていってほしい。ここ十数年、同じようなことを繰り返している状況に、教師は閉塞感を覚えている。」抜粋
「スクールロイヤー」として活動しながら、社会科教師として高校の教壇に立ってきた神内聡弁護士は、今回の「コロナ休校」に伴うオンライン教育について、どう考えるのか。詳細に聞きました。
「学習内容が多く、詰め込み教育で、学校行事や部活動も盛んであるため、生徒が学校にいる時間が長い」
この実態が、教師が心をなくす状態を作り上げ、常に受け身で不安とストレスをもつ子どもを生み出しているのです。
膨大な学習量、行事、部活…生徒を拘束する学校教育、「オンライン化」で見直されるか
以上
 

いま話題のニュース

PR