TOP > ネタ・話題 > 「検察庁法改正案は廃案に!」弁護士3000人が賛同、SNSなどでアピール「どんどん声をあげて」と呼びかけ - 弁護士ドットコム

「検察庁法改正案は廃案に!」弁護士3000人が賛同、SNSなどでアピール「どんどん声をあげて」と呼びかけ - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】検察官の勤務延長制度が盛り込まれた「検察庁法改正案」に反対する弁護士らが6月9日、記者会見を開いた。同法案は今国会での成立は見送られたものの、継続審議の方向となっている。会見した「...

ツイッターのコメント(17)

まだ廃案になっていない。黒川氏の定年延長閣議決定も撤回されていない。
この2つは譲れない。
「検察庁法改正案は廃案に!」弁護士3000人が賛同 (弁護士ドットコム) - LINEアカウントメディア
もし、内閣が検察庁の人事権を持たなくなったら、検察庁が村木さんの事件のように証拠を改ざんして冤罪にしようとしたとき、どうやって有権者の意思を反映させようとするのでしょうか?

「検察庁法改正案は廃案に!」弁護士3000人が賛同
検察庁法改正案その後

どんどん盛大に声上げていきましょう!
内閣とか法務大臣が定年延長をその時に決定できる既定の削除は賛成するけど、国家公務員の定年延長自体には賛成するし、それには検察官も含む
4/24から募っていたとうことは、専門家からはやはり危うい法案だったワケですね。
ほう弁護士3000人か
声上げよう!!
検察庁法を廃案に!再び弁護士が声を上げます。
一旦は廃案方針との報道もありましたが、諦めてはいないようです。
国会でも全く不要なことが既にハッキリした検察庁法改正案。継続審議は検察捜査への牽制狙い?
「!」弁護士3000人が賛同、SNSなどでアピール「どんどん声をあげて」と呼びかけ|弁護士ドットコムニュース
「法の支配の危機を憂う弁護士の会」が、6月9日から15日までの1週間を「検察庁法改正案廃案アピールラリー」とし、引き続き弁護士によるアピールを続けることを示しました。弁護士以外の市民にも「声を上げていただきたい」と呼びかけています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR