スリランカ人強制送還は「裁判受ける権利を侵害した」 逆転の「違憲」判決、国に賠償命ず - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】難民不認定処分の異議申し立て棄却を告げられた翌日に、チャーター機で強制送還されたため、憲法で保障された「裁判を受ける権利」を奪われたとして、スリランカ国籍の男性2人が国を相手取り起...

ツイッターのコメント(14)

義務を果たさない不法滞在者が、権利だけを主張する。
本来、帰国しなければならないはずの居ない人間が、権利を主張するのは恐ろしいことだ。
“「当該難民申請が濫用的なものであるか否かも含めて司法審査の対象とされるべき」などとして、裁判を受ける権利(憲法32条)や適正手続の保障(憲法31条)などに違反すると判断している。”
国民でもなく全くお呼びでない招かれざる客に、どういう理屈で何の「権利」があるのか、ちょっと意味がわからない。
送還費用を負担するかの裁判ならまだ分からんでもないが…。
「難民不認定処分の異議申し立て棄却を告げられた翌日に(略)強制送還されたため(略)「裁判を受ける権利」を奪われた」「申請が濫用的なものであるか否かも含めて司法審査の対象とされるべき」  逆転の「違憲」判決
「平田豊裁判長は憲法違反に当たると判断」「国に対して、男性たちに30万円ずつの賠償を命じる逆転判決を言い渡した」
国から違憲なことをされて一人30万円って、裁判所の慰謝料額の感覚ってよく分かんないよね。
逆転の「違憲」判決、国に賠償命ず|弁護士ドットコムニュース
〈今年1月には別の当事者男性が起こしていた裁判の判決で、名古屋高裁が国に44万円の賠償を命じ、確定している。ただし、憲法違反とまでした判断は初めてとみられる。〉
スリランカ人強制送還は「裁判受ける権利を侵害」


<翌日の強制送還は逃亡などを防ぐためなどとして請求を退けた一審判決を変更>

難民申請の濫用批判に対しても、当該申請が濫用的か否かも含めて司法審査の対象とされるべきだ、と。
(弁護士ドットコムニュース) まだまだ不法滞在者を増やしたいんだね、人権派とは名ばかりの反日弁護団達は…
まぁ現状は違憲ですな...入管法改正早ぅ

逆転の「違憲」判決、国に賠…
不認定になったとしても、国に「帰らない」のではなく「帰れない」難民申請者たちがいる。審査請求が不認定となり、難民条約上の強制送還禁止の原則の対象から外れたとしても、裁判を受ける権利を当人に保証するという判決は人権大国を謳う日本にとって大事なこと。
入管の強制送還をめぐり違憲判断。難民不認定処分に対する異議申し立ての棄却翌日に強制送還された男性2人が起こした訴訟の控訴審判決で、裁判所は取消訴訟を提起できたのに、「裁判を受ける権利が侵害された」などとして憲法違反と判断しました。
以上
 
PR
PR