「見殺し」にされたスリランカ女性、事件の背後に「内規違反」も…名古屋入管の闇 - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】名古屋出入国在留管理局(名古屋入管)に収容されていたスリランカ人の女性(30代)が3月6日に亡くなった問題で、女性が生前、著しい体調不良を訴えていたにもかかわらず、適切な医療を受け...

ツイッターのコメント(13)

「見殺し」にされたスリランカ女性
事件の背後に「内規違反」も
名古屋入管の闇
――児玉晃一弁護士に聞く
(弁護士ドットコム)
「体重悪化で吐血も点滴をさせなかった」

「見殺し」にされたスリランカ女性、事件の背後に「内規違反」も… の闇
支援団体の方に「よいおとしを」と書いた年賀状。心中を察するに余りある。
・公表を求めます
日本の入管には「人権」という世界標準の概念がないのか。
世界から取り残されていく未来しか見えない😓

- 弁護士ドットコム
今年1月から体調が悪化。嘔吐や吐血を繰り返すようになり、体重は最終的に20キロ減少。
支援者は、女性入院させて点滴を打たせるよう求めたが、入院は認めず点滴もおこなわなかった。
被収容者処遇規則30条
"所長等は、被収容者がり病し、又は負傷したときは、医師の診療を受けさせ、病状により適当な措置を講じなければならない"



日本語学校で勉強をしていたが、仕送りが途絶え、学費が払えなくなったことからビザが失効し、昨年8月に収容された →
人ひとり死んでいる重大事であり、かつ日本の労働力歓迎・外国人排斥という矛盾する、あるいは人権無視の政策に深く関わっている件でもある。
非人道的な事が行われていたと思われる実態にショックを隠せない。
もっとメディアも取り上げるべきだと思う
日本人は自分の国がクソであることに耐えられるのか?

> - 弁護士ドットコム

ところが、入管側が点滴を認めなかった。
生命・健康に対する全責任が入管にある、のはあたりまえ!!
自らの組織の内規すら守れない入管は、無法のヘイト団体に落ちぶれている。入管法の「改正」以前に、まず本件について徹底的かつ独立した調査を行い責任者を処罰するべきだね。
"国会では3月12日の参院予算委員会で、石川大我参議院議員が独立した調査を求めた。これまでのような入管や法務省を擁護するための調査であっては、再発を防げない"
名古屋入管に収容されていたスリランカ人の女性が亡くなった問題で、女性が生前、著しい体調不良を訴えていたにもかかわらず、適切な医療を受けさせなかったとして、入管の責任が追及されています。入管問題にくわしい児玉晃一弁護士に聞きました。
以上
 
PR