TOP > ネタ・話題 > 京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも助けるの? - 弁護士ドットコム

京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも助けるの? - 弁護士ドットコム

223コメント 登録日時:2019-07-20 09:16 | 弁護士ドットコムキャッシュ

【弁護士ドットコム】多くの犠牲者がでた「京都アニメーション」の火災事件。あまりに凄惨な事件に、衝撃が広がっている。報道によると、身柄を確保された男性は、京都市内の病院に搬送された。そんな中、ネットでは「弁護するとこなんて何もないじゃない......

Twitterのコメント(223)

陰で処理をするというような社会でなく、公正な社会とするために
> 私は、刑事裁判を適切で意味のあるものにするため、社会を保つために弁護すべきと考えています。
まあ弁護しても何でも、
死刑は免れないでしょう。これは。

弁護の域を超える重大事象であり
証拠も揃っていると十二分に推察できる。
(性犯罪の件でも刑事弁護士はずいぶん責められてたね。亀石さんとかも)たった1人でも助ける存在がいることが必要/十分な弁護を受けて初めて、国家が刑罰権を行使することが正当化される / “京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも助け…”
「犯人の弁護をするな」って言う人は過剰な正義感を持ってるだけであって、単純に頭悪いんだよね
弁護人になっても弁護をするな、という意見も見える。それは形骸化と言って、運用でルールを骨抜きにしてしまう悪魔の行いなので、そんなことを求めるのは語るに落ちるというもの。

京アニ火災なぜ弁護士は「極悪人」でも助けるの?弁護士ドットコムニュース
@bengo4topics
|д゚) 「人が人を裁くのではなく、法が罪を裁く」という大前提があるので、適切な罪で裁くべく弁護士が必要。
それが出来ないのであれば、犯罪者と変わらない事になる。

京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも助けるの?| @bengo4topics
正にそういう感情の爆発によって無軌道に流されそうになる社会を落ち着かせる為に弁護するんだよ。極限まで弁護して弁護し切れない所からが文句無しの罪。
残忍かつ理不尽な犯行だが、情緒的過ぎる反応にも程がある。
-

ラングの映画「M」で市民集団が殺人犯を捕まえた時にも弁護士を付けて養護するシーンのを見て、犯罪者にも権利がある事を学んだ。
法治国家としての体裁すらかなぐり捨てろって言うのか...
死刑廃止論者よ、このも死刑にせず一命を助けるべき理由を説明せずして今後自論の主張をしたとすれば、卑怯千万の誹りは免れない。
極悪人でも弁護が必要。そうなんだろう。僕は絶対に弁護士にはなれない。
国を挙げての私刑では無いよって言う「証明」って事?
適切な手続が行われるようチェックし、言い分を述べるのを助けることで、国家が刑罰を科してもよいといえるだけの正当性を担保する存在の1つなのだろう

適切な手続といえるには、世界を敵に回した被疑者被告人であっても、たった1人でも助ける存在がいることが必要
「刑事裁判を適切で意味のあるものにするため、社会を保つために弁護すべき」「適正な手続によらず刑罰を科されてしまうような社会にはしないということも意味しています。」 / - 弁護…”
"適切な手続といえるには…たった1人でも助ける存在がいることが必要だろうと考えます"

" 適正な手続によらず刑罰を科されてしまうような社会にはしないということも意味しています"

"十分な弁護を受けて初めて、国家が刑罰権を行使することが正当化されるのです"
とてもバランスのとれた弁護士のお話が掲載されています。
いやさすがに法治国家の住人としては色々終わってる思想では。条件が揃えば自分自身も尊厳も何もなしになりかねんのだぞ…。
犯人がどんだけ凶悪でも弁護はあるべきと思う
けど私は死刑制度は賛成だし、精神疾患だからといって罪を軽くする特別扱いは反対というスタンス
安田好弘氏のように司法の正統性を枉げて人権派を気取る奴が担当して拗れる可能性があるからな
⬛精神病だと無罪放免イメージあるが。医療刑務所で事実上終身刑もいるわけで。医療刑務所に入る入らない、一般刑務所、の線引き振り分けが?
「十分な弁護を受けて初めて、国家が刑罰権を行使することが正当化されるのです。」なるほど。
さすがオタク。自民の教えで基本的人権が奪われてもいいとたたき込まれとる ( ̄皿 ̄)
気持ちは理解するが手続上無理・・・
残念ながら、日本国民である以上、まずは弁護を受ける権利は尊重されるべき。

…ですが、その上で今回の犯人は、弁護するに値しない、というのを、裁判で示してもらいたいですね💢

→ -
記事はその通りだが…
こういう本人が広めるつもりもない短絡的なツイートを、あんまり拾い上げてやるなよとも思う

感情的な言葉はあんまり論理的な意味は持たない
持っているのは感情
これはさすがに言葉を失う。人権とか言っても通じなさそうだから言うけど何事もバランスは大事だ。
放火されたのが刑務所だったら同じことを言わないのではないか、と思えるのが恐ろしい。
晒しもそうだけど、憎しみが深ければ深いほど犯罪者を「被害者」にしちゃダメよ。
あてがわれる弁護士も不憫だよな、こんな負け戦
|
感情だけで流されると、冤罪事件にそれが向かうと歯止めがなくなる。冷静に詳細を明らかにする理由からも弁護が必要なのだと思う。感情や権力の有無をいわさぬ極刑に流されないために。 / “京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも助ける…”
光市母子殺人事件のような「ドラえもんが助けてくれると思った」とかものすごく衝撃的だった。
量刑の正当性を担保するためには、どんな極悪人にも弁護人は必要ということ。「極悪人」は弁護しないとなると、裁判もせずにどうやって「極悪人」と決めたのか?ということになる。 / …”
とても大切な話。感情論で言えば即死刑と言いたい気持ちもわかりますが、こういう時こそ冷静に。
君らがSANチェックを受ける権利があるのと同じことなんだけど /
「弁護しないでほしい」って言ってるのヤベえな。
どんな極悪人にも人権があるのだというショイさんの口癖に重みを与えてしまう事件だったのだ
適法手続の保障守られなければならない。これは公務員の拷問の禁止と同じく例外は認められない。それが人権保障であるし法の支配にも叶う。 /
「事件の背景~冤罪事件であれば~無実の人間を刑罰の危険から解放するため~仮に被疑者被告人が犯人~適切な手続が行われるようチェック~正当性を担保する存在」私刑厨のNHK陰謀論とか払拭せなあかんし。 / “京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪…”
Q.何故弁護するのか  A.仕事だからです  以上!!
怒りや悲しみの感情と、法治主義は区別して考える。まっとうな大人ならば当然に…

/
光市母子殺人事件の弁護のような無茶で被害者の尊厳を傷つけるような弁護は非難されるべきだが、どんな容疑者にも弁護士が付かなければならない、というのはごく当然のことではないか。 / “京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも助ける…”
「弁護」の意味を履き違えられているからこんなおかしな話が湧いてくる。「弁護」とは、悪人の罪を軽くする為にある訳では無い。法廷に…
嫌な言葉だけど「民度」を図るバロメーター的な話。 /
「刑事裁判を適切で意味のあるものにするため、社会を保つために弁護すべき」

|
この事件の裁判員にも注目だね… /
民意や主観を外すために一度弁護士に入る必要があるってわけか、検察の一方的な主張にならないため、ひいては司法における公正・公平を…
「適切な手続といえるには、世界を敵に回した被疑者被告人であっても、たった1人でも助ける存在がいることが必要だろうと考えます。こうした最低限の保障こそが弁護人だろうと思いますし、弁護人の役割だと思います。」
あんまり真面目な話はしないようにしているのですが
>刑事裁判を適切で意味のあるものにするため、社会を保つために弁護すべき
からの考え方は目から鱗でした
定期的に「犯罪者の弁護なんておかしいだろ!」って主張を見るけど、よく分からない感覚。まともな裁判を経ないで刑罰を受けさせられるって怖すぎるでしょ。
最悪のテロ事件案件だが、この弁護士が言うことは正しい。
刑事裁判を適切で意味のあるものにするため、社会を保つために弁護すべきと考えています。
まったく理解できん。
この青葉とかいう犯人は凶悪人なんだから、火を放った瞬間に人権とかも既に無いんだからさ、裁判すら開催することなく強制死刑にできないわけ???
“十分な弁護を受けて初めて、国家が刑罰権を行使することが正当化されるのです” /
弁護士に「弁護しないで」って言うのは京都アニメーションに「アニメ作らないで」って言ってるのと同じだぞ。世間的どう見られようと仕…
それでも感情でアクニンをサバく多くの人達にとって、それを弁護する人は同じアクニンに映るのだろう
その辛さは、僕には想像だにできない
これだけは人権など認めん。即死刑の択一のみ。◆
こういう意見が多いのは、どこぞの「死刑反対しか頭にない支離滅裂な弁護をやってる連中」とか「それしか弁護の筋が無いとはいえ『心神喪失で責任能力なし』の連発」が原因だと思うぞ?
彼には本当に反省してしまうことこそが最大の罰になる (そうでなければ死刑は彼を喜ばせるだけ)。彼に接近し、親身になって話を聞き、情を思い出させ、反省を促せられる存在があるとすれば、それは弁護士だけだろう。 /
あー、非常にコメントしづらい…… 憲法上の要請だからというのは全くもってその通りなのだが、大衆の理解は得づらいだろう…… / |
もちろん、いかなる被告人にも弁護士がつけられるべきだと思うが、一方で、民事だと、相手側弁護士の非常識な主張に憤る弁護士、といった話もしばしば聞き、その辺の線引きがよくわからない。 / “京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも…”
心情的には弁護など不要派だが、やはりそうはいかないし、この犯人の弁護を引き受ける弁護士は素晴らしいと思う

ただ光市母子殺害事件みたいな頭おかしい主張の弁護だけはしないで欲しい
凶悪犯だと弁護を拒否されそう 弁護士の名にキズがつくしバッシングされるし
仕方ない、それが法治国家だからな。

|
「国家が刑罰を科してもよいといえるだけの正当性を担保する存在」か・・・
被害者だって本当の事が闇の中へ消えたんじゃ嫌だよ。 本当の事が知りたい。 そう思うのが被害者やその家族の心情だと思うよ。 だから、どんな事も感情だけで判断しちゃイケない。弁護は絶対必要なんだよ… / “京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「…”
気持ちは分からないとは言わないが、実際に過去の「これは死刑以外にないだろう」って事件は弁護士がついてようがきっちり死刑判決が出…
ところで、裁判のしくみを理解するために、予め皆これ読んでおいてね。
「十分な弁護を受けて初めて、国家が刑罰権を行使することが正当化されるのです」
こういうことを理解できない人はとても多い。 /
刑事弁護人として正面から回答しました。
こういうの、逆に考えてみると良いよね。「どう考えてもこの人シロだから検察官つけないで起訴しないで」という考えならどうだろうと。……怪しげな理由で不起訴になったあの人をこの人を思い出してみて。 / “京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「…”
京アニ火災の放火犯、より高度な治療が必要やから転院したってニュースで見たけど…
個人的な気持ちとしては、なんでそんなやつの治療せなあかんの?って思ってしまう…
勿論、色んな理由があるのは頭ではわかっているけれど。。。
むしろ裁判で弁護士ですら擁護不可能な青葉の身勝手な妄想が露呈するだろう。
これは、憲法改正でこの権利を剥奪すべき
大量殺人犯やテロリストは権利を行使できないと。
情状酌量で減刑とか精神鑑定で責任能力なしとかになったらクッソ腹立つ。
弁護人になるのは構わないが、人の道を外した弁護の為の弁護や、被害者軽視したような勝つためのテクニックを駆使する弁護士には反感しかない。

-
適正な弁護を頼む
この糞野郎は、どんな罪を背負わなければならないのか
まぁ、こう言われるのは、今までの弁護ゲームに辟易してたからだよ
ドラえもんがどうとか言い出したりガッツポーズ取るような弁護士よりは遥かに理に適った言い分だと思う。
これはとっても大切なお話。→
いくら極悪人でも弁護士をつけれる権利あるからな。
これは、お門違いだわ。
法治国家が崩壊する。
感情でやるのであれば、自衛隊機にロックオンした国と同レベル。
日本国憲法第3章には裁判を受ける権利等がありますね。あくまで裁判で刑罰は決められるべきです。怨念任せにしてはいけない。
法は法
それ以上でも以下でもない
法律にしろ規則にしろ、自分の感覚や感情が明文化されたルールを超越すると考える人は手に負えない
“弁護人は、適切な手続が行われるようチェックし、言い分を述べるのを助けることで、国家が刑罰を科してもよいといえるだけの正当性を担保する存在の1つ”なので、非難や嫌がらせに耐えて弁護をする弁護士を、むしろ尊敬する。
こういうニュースのとっかかりに勝手にされるネットの声本当に実在するなら引用するなり名前出せばいいのにしないからライターの書きたい方向へ誘導してるようにしか見えない
結論ありきの説得力のなさよ
mjdsk?いよいよそういや以前にも「こんな奴の弁護をした」と弁護士の懲戒請求が出された事案があった気がするが…そこまで日本は感情論ありきになってるのかよ。法治国家の崩壊orz
遠山の金さんその他の時代劇が植え付けた価値観の影響は大きくて簡単に拭いされるものではないのだろうなぁ。
弁護士をつけるなとかいう法治国家としてのルールなので取り上げるまでもない話はさておき、被害者の議論をするときは、この手の記事には必ず、弁護士会は刑事手続きの被害者参加制度には反対ですと、一文必ずつけるべき。
弁護士は?
これはちゃんと読んで欲しい
"なぜ弁護士は「極悪人」でも助けるの?|弁護士ドットコムニュース"

橋下徹がタレント時代に、殺人犯の弁護団の集団懲戒請求をテレビで煽り、それが橋下徹の政治家として成功のキッカケになったように、またポピュリストの政争の具に利用されないか心配
この弁護士は分かっていない。別に犯人の言い分を封殺しろ等を求めているのでは無い。裁判というモノを円滑に行う為に弁護人の任に就くのは構わないが「弁護」をしないで欲しいと望んでいるのです。
どうして非道な犯罪を行った人も、弁護する必要がある? 神尾弁護士は「弁護人依頼権は、重大な事件を起こした人であっても認められています。逆に言えば、弁護人は極悪人であっても弁護をします」と話します。
素晴らしい記事。
胸を打たれました。
目に余る事件だったな…

精神疾患があったら何しても許されるのか?
刑事弁護人の存在意義については記事で書かれてる通りとして、手続法上も刑事訴訟法第289条で3年以上の懲役・禁固となりうる事件は弁護士なしで開廷できないので、「弁護士付けるな」というのは「裁判するな」と言ってるのと同義ですからね。
“弁護人は、適切な手続が行われるようチェックし、言い分を述べるのを助けることで、国家が刑罰を科してもよいといえるだけの正当性を担保する”弁護士は「法の適正手続き」の一端を担っている存在だという話。 / “京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士…”
法を無視した極悪非道な人間こそ、正しく法で裁いてやるのが我々の尊厳であり、真っ当な復讐の方法である。
刑が執行される正当性を保証するための弁護、という発想はなかった。新しい視点だ。
犯罪者であろうと弁護士は絶対必要やろ
善人面にヘドが出る
いやいや、弁護しなきゃ裁判制度が崩壊するでしょ
そっちの方が被害者へのダメージでかいわ(・_・;)
弁護依頼権すらわからん馬鹿しかいないのか?
「弁護人は、適切な手続が行われるようチェックし、言い分を述べるのを助けることで、国家が刑罰を科してもよいといえるだけの正当性を担保する存在の1つなのだろうと思います」

なるほどね…
弁護しないでとかいう人いるのか……
このテーマの副読本としては「なんで、『あんな奴ら』の弁護ができるのか?」があります。とても良い本と思います。 /
解釈したら、悪い奴はやはりそれなりの報いを受けるべきで、しかしながら司法が世論の声や権力の意向に流されてポピュリズムな判決ばかり出しても、それはそれで本当に冤罪な被告人が発生した時に問題になるので、一緒に裁かれる為に弁護士が必要ということか。納得
これに関してはどんだけひどくても犯人が望むなら弁護人は付けなきゃいけないと思うよ
感情的に「弁護人なんて付けるな!」って言って法を無碍にするなら法で裁くことも出来ないから
「弁護するな≒裁判不要≒私刑を許可せよ」って恐ろしい。「この件に関して」と限定したい気持ちはわかるが、それを許せばそのうち似たような事例が現れ、悪い奴らが利用し始めたりね。感情で裁いてはいけないのだ。 /
こういうこと言うからアニオタは頭おかしいと思われるんだよな?日本の司法を理解せずに感情論だけを口にしてしまうというね?
「適正な手続によらず刑罰を科されてしまうような社会にはしない」ためにも、どんな犯罪者にも弁護士が必要だというのは納得がいった。許せないものを許せないと思うことは正しい感情だけど、民衆が騒ぎ立てて誰かを引き摺り回して首をはねる社会に戻りたい訳じゃないもんな。
人権以外に何があるというのか…/
『適正な手続によらず刑罰を科されてしまうような社会にはしないということも意味しています。』
弁護したって別にいいけど、ただでさえ罪の重い放火殺人で34人も殺しておいて弁護のしようある?
「弁護人は、適切な手続が行われるようチェックし、言い分を述べるのを助けることで、国家が刑罰を科してもよいといえるだけの正当性を担保する存在の1つ」 / -
誰かが許せないと思った時に、それで極刑を課して世の中が回るなら裁判や立法なんてめんどくさいこと誰もしないよ。本当に罪があるかどうか、事件がキチッと捜査されてるかどうか検証するのはどんな犯罪にも必要だよ /
放火殺人は非常に重罪だし30名以上も亡くなっている。死刑執行手段を変更して火炙りの刑に処しても足らないね(怒)(悲)…
主観的になりがちになってしまっていたからこそ、この記事読んでそういう客観的な所から見れば、罪がある人でも守らなければならない基本ラインがやはりあるだと改めて学び直した。極悪犯だから、100%が0%になるのも、おかしな話であるよね。でも、許せる訳では無いね。
一人でも弁護する人間は必要。それは解る。でも残虐非道の輩を無罪にしようとするのは違う。罪には司法による罰を。それこそが法治国家。
犯罪者をわざわざ弁護するのって疑問に思ったことあるなー
仕事といえど弁護する人ってほんとにシロだと思って弁護してんのかね
「適正な手続によらず刑罰を科されてしまうような社会にはしないということも意味しています。事件の背景なども分からず、被告人の言いたいことも封殺されるような裁判だったらどうでしょう。」
|
この記事はほんと正論だと思う。
感情論で処罰することの恐ろしさがよく分かる記事だ。
弁護士さんもお仕事ですから。
裁判官もね。
一般常識なので
すごく納得できる!
被告側の弁護は「犯人の刑罰を軽くする」という側面から語られがち(特に法律の勉強してないとそうなりがち)ですが、刑事裁判がきちんと法にのっとった手続きで行われてるかという視点から見ると、検察や裁判官との相互牽制作用が働くのかな
弁護士は弁護するだけじゃない役割もある
その場で射◎するべきだった。
正しいことの定義も、時代とか人とか状況によって変わってくるんだと思う。
でも正しくあろうとすることは必要で、それだけが社会を社会たらしめるための方法だと思う。
「これは適正な手続によらず刑罰を科されてしまうような社会にはしないということも意味しています。事件の背景なども分からず被告人の言いたいことも封殺されるような裁判だったらどうでしょう。十分な弁護を受けて初めて、国家が刑罰権を行使することが正当化されるのです」
確かにどんな人でも秘密裏に処理されたりリンチされずに法の元で裁かれるべきなんだけど、こういうケースで弁護士がどのような着地点を見ているのか気になる。 /
今声を大にして言いたいこと。犯人とされる人への憎しみばかりが共有されているから。「被害者の立場でも同じ事が言えるのか!」では駄目だ。
被告人には弁護士をつける権利があるし、弁護士の仕事は文字通り依頼者の弁護をすること。それが例え極悪人だろうがな。問題は、余りに…
とても重要な話。
法治国家とは何なのか、その矜持と信頼性を自ら手放してはならない。何故弁護人は必要なのか?
とても端的で的確なお話だと思う。
これ精神的なあれでって理由で罪に問われなかったら、全世界中に日本の司法は全く機能していないって事で広まっちゃうからそれだけはやめろよ?
こんな凶悪殺人犯。
家賃4万の部屋に住むくらいだから私選弁護人つけるほどの余裕はないからまず問題はない
人間が正しい判断を行う、ってめちゃくちゃ難しいので反対側を立てることによって判断の精度を上げる。別に犯人は悪くない!てやるためじゃないと思う。 /
これぞ理性の人だ
法治国家に住む日本国市民にこういう考えがもっと浸透するといいな
もう弁護しちゃアカンでしょ!
例え犯人が極悪人でも「悪魔を弁護」するから弁護士なのよ。
その結果更生出来るかどうかを判断するのが裁判官なのよ。
『超絶技術と情熱で奇跡起こしまくりの医療ドラマ』のせいで医者に過剰な期待抱く奴がゴロゴロしてるのと同じで『人間の善性を信じる弁護士が被疑者の救済に尽力する』法曹ドラマの影響じゃねーの?
精神疾患を持ち出すのがおかしい。殺人は殺人なのだから。殺人犯の弁護をする弁護士は金儲けとしか考えられない。光母子事件の弁護士には怒りをおぼえた。
読むべき。「十分な弁護を受けて初めて、国家が刑罰権を行使することが正当化されるのです。」
この手の凶悪犯弁護の話は、弁護士が減刑コンサルタント(もしくは人権派としての利用)になるから悪いんだよ。喋る六法全書として被告に保証された権利だけ説明して、あとは黙っとけばいい。主観と当事者としての関わりを完全排除しろって感じ。早期の司法AI化が待ち遠しい。
回り回って自分に返ってくるぞ、こういうのはな

遺族ならそう主張するのもわかるけど第三者が言うこっちゃねぇよ
「弁護しないでほしい」とか法治国家として危険すぎる発想だな
もっと見る (残り約73件)

記事本文: 京アニ火災「犯人の弁護しないで」の声あがる…なぜ弁護士は「極悪人」でも助けるの? - 弁護士ドットコム

関連記事