軽度知的障害女性、オレオレ詐欺で有罪判決でも…断ち切れぬ共犯者への恋心 - 弁護士ドットコム

ツイッターのコメント(15)

“「IQ相当値が軽度知的に該当する60〜70程度ですと、会話しても普通に受け答えしているように見えるため、学校でも『ちょっと勉強が苦手』くらいに思われて、本人も親も気づいていないことはあります。”
軽度知的障害の女性、オレオレ詐欺で有罪判決から1年…利用されても断ち切りがたい共犯者への思い|弁護士ドットコムニュース

懲役2年6か月(執行猶予4年)の有罪判決が出た20歳の女性。その生いたち、荷担の経緯、そして更正支援。
知的障害者が特殊詐欺の端役に使われている
本邦に限った話でも無いのだろうが社会における出自身分固定の傾向、割とこういった先天的要因の連鎖も有るのがいい加減判ってきたのだが、これの解決策が本邦だと優勢思想滲ませたものになりがちなのがキツい。
「相手の男性にも軽度知的障害があるかもしれない」とは・・うーん・・これは福祉の不備だよな・・
良い記事だと思うけど、最後「障害のあるなしにかかわらず、自立に結びつくのは、最後は本人の強い意思次第だろう」って簡単にまとめるのは雑だわ。
良い弁護士さんが付いて支援に繋がって良かった。
「..目標があるっていいことですよね。それに向かって自分が着実に近づいていくなかで、手放したくない人間関係を身につけてほしいです..」

“負の連鎖に向かうか”
“立ち直りに向かうか”は
その始まりはほんの少しの違い

全てパッケージ化されてる場合
独りでは抜け出せない
父親は養育に無関心で長谷川さんとは会話がない。子育ては母親任せとなるが、この母親やきょうだいらも知的障害を有するか、その疑いがあるという。
軽度知的障害の女性、オレオレ詐欺で有罪判決から1年…利用されても断ち切りがたい共犯者への思い|弁護士ドットコムニュース |
軽度知的障害の女性は、オレオレ詐欺の「受け子」を引き受けました。
しかし、女性は自分の行いをはっきり認識していなかったかもしれません。

「オレオレ詐欺は聞いたことがあったけど、俺という言葉をいうもので、男の人だけが何かするイメージでした」
これは犯罪に利用される過程と構図が分かる記事だ。

- 弁護士ドットコム
以上
 
PR
PR