少年法「適用年齢引き下げ反対」の意見書、犯罪被害者の支援団体が提出 「少年たちのチャンス奪わないで」 - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】少年法の適用年齢引き下げをめぐり、犯罪被害者や遺族の支援をおこなっている団体「被害者と司法を考える会」は6月29日、18歳・19歳の非行少年への刑事訴訟手続きの拡大や厳罰化に反対す...

ツイッターのコメント(30)

こんなことを言ってるが所詮イデオロギー→「少年法の理念は守らなければなりません」
少年院卒の婆さん見てると少年法じゃ更生など無理
犯罪被害者の支援団体ね?

|
さっさと引き下げろ
被害者は人生を奪われている可能性があるんですがそれは・・・
反対意見を出してるのが「犯罪被害者の『支援団体』」ってのがこの記事のミソ?
被害者がそれを言うなら分るし納得もできよう、でも…

「少年たち…
18にもなって良し悪しわからないならそれはもう手遅れでは?
|
そうだそうだ、はんたいだ!
少年法なんて中学生ぐらいまでで十分やろ。
16歳未満でええやろ。
倫理観が壊れた人間は治らんよ。早めに来世に送ったほうが、壊れた獣に壊される人は減ると思うけどね('A`)

|
ご紹介。/
別にチャンスは奪ってないだろう。
出所してから頑張ればいい。
 
PR