「大麻を吸うこともコミュニケーション」 国母被告人、初公判で「深く反省してます」 - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】米国から大麻を密輸したとして大麻取締法違反と関税法違反の罪に問われたスノーボード男子ハーフパイプ元五輪代表の国母和宏被告人(31)の初公判が1月8日、東京地裁(村田千香子裁判官)で...

ツイッターのコメント(12)

|

そういうわけだから大麻は死刑で良いよ。
國母和宏被告 法廷で「大麻を吸うこともコミュニケーションの1つ」
反省してまーすというのなら法律の勉強からして始めてどうぞ
海外では合法されているみたいだがアホでしょ 薬物に対する処罰も厳しくしないと駄目だと思うわ どうせまたやるだろうし
弁護士が「本来ならイチローのような扱いを受けるべき人物」と言ったらしいが、イチローは違法薬物なんて一切やんないからな。イチロー…
「大麻と関わることがすべて違法だとは思ってないので、違法なことはしない」
「嗜好として吸うのは日本では違法なので、違法なことをする気はありません」
「大麻は繊維として利用したり、オイルを抽出したりできる。嗜好として吸うのは日本では違法なので、違法なことをする気はありません」
国母被告人、初公判で「深く反省してます」| 弁護士ドットコムニュース
大麻取締法違反などの罪に問われたスノボ元五輪代表の国母和宏被告人は初公判で「嗜好品として日本で使うのは違法なので、違法なことはしません」「大麻を吸うこともコミュニケーションの1つでした」などと話しました。
以上
 
PR
PR