TOP > 政治・経済 > 年末商戦も振るわず、ミラーレス一眼の2ケタ減続く - BCN+R

年末商戦も振るわず、ミラーレス一眼の2ケタ減続く - BCN+R

26コメント 2020-01-09 20:09  BCN+R

全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、12月のミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数は、前年同月比72.0%と大幅減。

ツイッターのコメント(26)

オレが写真業界離れたのはこの流れを察知してでした
メーカーはスマホ感覚で一般層にはオーバースペックのボディを出し続けるが拘ら無い方はスマホで充分でセミプロ〜プロは既に自分に合うボディが行き渡ってて頭打ちという
Switchに次ぐ換金性の高いソニーのカメラ。2018年末のペイペイ騒ぎで転売屋が家電量販店で買いに買ったので、そんなの減るに決まってるし、そんな理由なので分析も不要。→
スマホの超広角が便利すぎて最近は旅行先でも殆どスマホで撮影。
デジカメもレンズ2つ載せるとか、レンズ交換がもっと手軽に出来る仕組みにするとか、スマホに負けないようもう少し工夫すればいいのにと思う。
2019年12月のミラーレス一眼の売上が7割減の大幅減 増税前にほしかった人が粗方買ってしまって需要が落ち着いた感じなんかね
NikonはSONYにもオリにも抜かれたのか。まぁ、デザインがね…(苦笑)
ツイッタランドにいるとカメラ業界は大盛況だと錯覚してしまう
コンデジのように「売れない」→「新製品出ない」→「客が減る」→「ますます売れなくなる」となりそう。。。
デカくて重いからいいんだよ案件
そらメーカーは(オリンピックに向けてか)プロ志向のFF機に力を入れて,新規加入向けのエントリー機については二の次だから仕方なし.
へー!意外
Canon、SONY、OLYMPUSの熾烈な争い(前年比割れ)
カメラなんて買う金ないだけ
サバイバルダンス。もはやミラーレスかレフかどうかじゃないよね。
SNSで写真好きな人は多そうだけど、カメラメーカーは苦戦していてデジカメの販売は8年で7割縮小していて去年の年末商戦も伸び悩んだみたい。スマホのカメラ性能もかなり良くなったし、ふつうはいいカメラ買うお金あるならいいスマホ買うほうを選ぶ人がほとんどだろうなー。
こんななか中古デジカメを買いまくっている僕はバカなのかな。
単純に飽和状態なんだろう🤔
そんなに買い替え需要もない訳だし😱
ミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数が大幅減。

現在売上トップであるEOS Kiss Mを1年間使ったけど素人からすれば全ての面でiPhone 11 proの方が上。 ミラーレス一眼は一部のカメラオタク以外誰も買わなくなるよ。必要性が全く無い
一眼は買換え期間が長いから、落ち込むのは仕方がないと思う。
なんだろ、性能的には圧倒的に負けてるイオスKissMなんかを買わされてる現状みると真面目な商品作りより販売員を一人でも多くとか思えてくる。
スマホで十分だしなぁーそりゃこうなるわな🤔
スマホのカメラ機能向上だけでなくインスタとかが要因かな。カメラだけだとすぐインスタにアップとか出来ないからねえ
前年同月比約30%減!😱
デジカメとかあきちゃうでしょうね。1年もすれば二束三文だし
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR