TOP > 国際 > 分娩室に入った直後に爆風、ガラス浴びるも男児出産 ベイルート - BBCニュース

分娩室に入った直後に爆風、ガラス浴びるも男児出産 ベイルート - BBCニュース

11コメント 2020-08-06 16:51 | BBC Japanキャッシュ

中東レバノンの首都ベイルートで4日に起きた大規模な爆発は、出産直前の妊婦がいる病院にも被害を及ぼした。セント・ジョージ病院の分娩室で出産の準備をしていたエマニュエルさんは、爆風で粉々になったガラスを浴びた。...

ツイッターのコメント(11)

中東レバノンの首都ベイルートで4日に起きた大規模な爆発で、セント・ジョージ病院の分娩室で出産の準備をしていたエマニュエルさんは、爆風で粉々になったガラスを浴びたが1時間半後、無事にジョージくんを出産した。

セント・ジョージ
無事で何より😭
医療従事者の方もみんなタイミングが少しでも違ってたら💦
うわ 助かってよかった
こんなん泣くわ… 元気で育ってくれ〜☺️
「薬がなかったので昔ながらの分娩方法」を取らざるを得なかったそうだが、この「昔ながらの方法」が主流なのって日本以外にあるのかな…と思ってしまった
スゴい
あの爆発で生まれてきた
本当にスゴい
あの状況の中で、無事に出産😭✨
母子ともに(パパも)無事だったって・・・😭
母親と子供どっちも大丈夫そうでよかった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR