TOP > 国際 > 香港デモ、参加者はどうやって警察に立ち向かったのか - BBCニュース

香港デモ、参加者はどうやって警察に立ち向かったのか - BBCニュース

24コメント 登録日時:2019-06-14 13:17 | BBC Japanキャッシュ

参加者のほとんどは若者だが、彼らは事前にどういう行動を取るか計画しておらず、現場で自然と協力体制が作られていった。...

Twitterのコメント(24)

中心となる人物や団体は存在せず、自然発生的に組織的で統制のとれた行動が発生する様は圧巻。連絡は暗号化チャットでおこなわれたとあるが、クリプト界隈ではお馴染みのテレグラムだよね。分散化デモとか言っちゃいたいくらい。すばらしい!
警察に自然と立ち向かった…だって。
まるで今日の大阪の警官の銃の強奪事件のようだ!!

これでまだ開戦しないとか…。人間はそこまで賢くないよ。
震災で学ぶべきだった理論でしかない。
香港は、かく戦えり。


2019年06月14日
デモ参加者「組織されてはいません。リーダーらしき人もいません。…みんな自分の意志で自分で考えて動いています。」
この100万人以上のデモが、多くの”1人”が集まった結果だという。
彼らは事前にどういう行動を取るか計画していなかったという。代わりに、警察からの立ち退きの圧力が高まるにつれ、自然と協力体制が作られていった。

BBCニュース
日本が「正義フォビア」とか言ってる間に世界はどんどん前に進んでいる。
6月12日に香港中心部で行われた「逃亡犯条例」改正に反対する抗議デモには数万人もの参加者が詰め掛けた。参加者の殆どは若者だが彼らは事前にどういう行動を取るか計画していなかったという。代わりに警察からの立ち退きの圧力が高まるにつれ自然と協力体制が作られていった。
自然発生的にデモの参加者に生まれた連帯感が大きな力に変わった。
ちゃんとデモ参加者の顔にモザイクかけて、支那による虐殺弾圧から守ってる。一方朝日新聞等はモザイク無しで報道。
情報共有や連絡に使われていたアプリがスゴイ
香港の方々は日本人が失ってしまったものを、
しっかりと持っている。
決められたリーダーはいないけど、リーダーシップを発揮する人がいたから、ここまで大規模なデモに発展したはず。リーダーシップに肩書きは関係ない。「進んでついてくる人がいる」のは誰かがリーダーシップを発揮しているから。
日本だとすぐなし崩し的に終わるけど、そうはならないで欲しい。
彼らを守るためにも国外のメディアの役目大事だね。
日本のメディアはどうした?
リーダーがいない
みんな自分の意思で動いてる
まさに民主主義か
デモ、参加者の協力体制は「自然発生」
「参加者のほとんどは若者だが、彼らは事前にどういう行動を取るか計画していなかったという。代わりに、警察からの立ち退きの圧力が高まるにつれ、自然と協力体制が作られていった」

BBC動画。
"参加者のほとんどは若者だが、彼らは事前にどういう行動を取るか計画していなかったという。代わりに、警察からの立ち退きの圧力が高まるにつれ、自然と協力体制が作られていった。"
重箱の隅を突いて煽るだけのどっかの国では、今日もワイドショーで盛り上がってんだろうね
香港のデモの記事。

デモに一度でも参加した人なら分かる、自然に沸き上がるムーブメント。感情のシェアの拡大。
知らないもの同士の強い団結力。

必ずしもリーダーいるわけではなく、必ずしも組織化されている訳でもない。

だから支配側は恐れる。
以上

記事本文: 香港デモ、参加者はどうやって警察に立ち向かったのか - BBCニュース

関連記事