TOP > 国際 > 「長いCOVID」……長期化するCOVID-19の症状に4つのパターン - BBCニュース

「長いCOVID」……長期化するCOVID-19の症状に4つのパターン - BBCニュース

24コメント 2020-10-16 21:50  BBC Japan

COVID-19は、軽症ならば2週間、重症でも3週間以内に回復すると言われている。しかし英国立衛生研究所の最新調査で、何千人もが「継続するCOVID」の症状と共に暮らしている可能性があると判明した。

ツイッターのコメント(24)

Long Covid(長期コロナ感染症)

研究をまとめた英国立衛生研究所(NIHR)は、COVID-19症状の長期化は、患者に甚大な心理的打撃…

呼吸器、脳、心臓と心臓血管系、腎臓、腸、肝臓、皮膚(ひふ)など、体のあらゆる部分にCOVID-19が影響を及ぼしていることが判明した。
◆BBC 10月16日

…症状は、大きく4つに分けられるという。
・肺と心臓への恒久的な臓器障害
・集中治療後症候群
・ウイルス感染後疲労症候群
・COVID-19の症状持続
キチンと調べてくれている人がいる。日本政府、メディアの発信することは現代先進国にそぐわない科学的根拠、実態把握の無い「願い」でしか無いので情報として無価値。
情報が欲しければ海外情報を収集するのが正解。
“重症のCOVID-19で長期入院した人に限らず、軽症だったり、検査も陽性診断も受けたことのない人にも可能性がある”
2020年10月16日 BBC News


 ほんとうに厄介なvirusなので、絶対に感染しないようにね

 たいへんだけど頑張ろう
根治しないんじゃないか説が現実味を帯びてきてる

日本では軽症者や無症状者に後遺症が残る可能性についてテレビ報道しない

人生狂う人沢山居ると思う
これ、本当に怖い。
でも後遺症のことだいぶ前に取り上げていたけど感染後のこと、もっと知られるべきでは。
新型コロナウイルスの長期症状について。
こうした症状は重症化の有無に関わらず起きる。
2020年10月16日

症状は、大きく4つに分けられるという。
肺と心臓への恒久的な臓器障害
集中治療後症候群
ウイルス感染後疲労症候群
COVID-19の症状持続
COVID-19は、軽症ならば2週間、重症でも3週間以内に回復すると言われている。
しかしNIHRの調査で、何千人もの人が「継続するCOVID」の症状と共に暮らしている可能性があると判明した。
新型コロナで重症化する条件はある程度判明して来たが、重い後遺症になる条件は不明、誰でもなり得るのが怖い所。
ぶっちゃけ死ぬより社会へのダメージや負担が大きいので、わざと死なせない程度に威力を抑えた対人地雷を彷彿とさせる。これが目的だったとしても驚かんかも。
COVID-19で受けたダメージが長期的に持続する可能性は以前から言われていたが,それ以上にやっかいということか😟
「COVID-19と診断されていない人の方が、何週間も呼吸器を使っていた人よりも、重い症状を発症することもあると分かってきた」
なんか、全体的に緩んでませんか?
「長いCOVID」……「新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」の症状が長期化する場合、周囲に信じてもらえなかったり、治療されなかったりする場合があるという。」
…嫌だなあ。
📢確か横浜スタジアムで人体実験みたいな事をやるとか言ってましたが、このような事は当然、御存じ無いのでしょうね。😔🍀
「呼吸器、脳、心臓と心臓血管系、腎臓、腸、肝臓、皮膚(ひふ)など、体のあらゆる部分にCOVID-19が影響を及ぼしていることが判明した。症状は、大きく4つに分けられるという」
●後遺症

主に4つの症状

▶肺と心臓への恒久的な臓器障害
▶集中治療後症候群
▶ウイルス感染後疲労症候群
▶COVID-19の症状持続

これらの症状が出るのは、重症の長期入院者に限らず、軽症だったり、検査も、陽性診断も受けたことのない人にも、起きる可能性がある、と
呼吸器、脳、心臓と心臓血管系、腎臓、腸、肝臓、皮膚(ひふ)など、体のあらゆる部分にCOVID-19が影響を及ぼしていることが判明した。
症状は、大きく4つに分けられるという。

肺と心臓への恒久的な臓器障害
集中治療後症候群
ウイルス感染後疲労症候群
COVID-19の症状持続
周囲に信じてもらえなかったり、治療されなかったりする場合がある「Long Covid(長期コロナ感染症)」の理解不足
症状の長期化は、患者に甚大な心理的打撃を与える可能性があると報告
そのため、支援の拡大や、医療従事者への情報提供の改善が必要だと述べている。
研究は、フェイスブック上にある長期コロナ感染症の支援グループのメンバー14人に聞き取り調査をしたほか、最新の研究資料も参考にした。
その結果、呼吸器、脳、心臓と心臓血管系、腎臓、腸、肝臓、皮膚など、体のあらゆる部分にCOVID-19が影響を及ぼしていることが判明した
Long Covid、四つの型、肺と心臓への恒久的臓器障害、集中治療後症候群、ウイルス感染後疲労症候群、COVID-19症状持続、長期入院した人に限らず軽症だったり検査も陽性診断も受けたことがない人にも、保険サービスに多大な負荷可能性。
新型コロナの後遺症に関する報告書から。いまの段階でとても貴重な情報です。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR