TOP > 国際 > 快晴の朝がたちまち地獄に……リトルボーイとファットマンの投下から75年 - BBCニュース

快晴の朝がたちまち地獄に……リトルボーイとファットマンの投下から75年 - BBCニュース

20コメント 2020-08-06 16:18 | BBC Japanキャッシュ

「8時14分には快晴の日。8時15分には地獄だった」。人類史上最初の、そして今のところ最後の、2つの核攻撃を振り返る。...

ツイッターのコメント(20)

ダメダメダメだコリャ‼️

⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️

「広島の時代」という著作の共同編集者でもあるゴーディン教授は、「核兵器を使うかどうかではなく、どうやって使うかを、軍は議論していた」と話す。「最も効果的な使い方は、日本降伏を実現するものだった」。
@knife900 中でも「本日で原爆投下後75周年を迎えましたが…」ってフレーズが、耳障り過ぎて不快感も2度目でした。
安倍は「原爆投下記念日」って認識で祝っているのか? アメリカの手下らしい。
なぜ広島長崎に原爆が落とされたか

1945年7月26日トルーマン大統領は日本に無条件降伏をつきつける
日本は応じず

8月6日広島に原爆投下
日本政府は降伏せず
3日後、米軍は2つ目の原爆を投下

➡️ - BBC
私の祖父から、長崎へ原爆が投下される前、この記事に出てくる連合軍捕虜収容所で働いていたと聞いた。
その祖父の弟は、特攻隊で出撃して戻らず。

このような家族と戦争の歴史の伝承は、自分が子どもにも伝えていかなきゃ、消えるんだな。
2020年8月6日

カルロス・セラーノ、BBCニュース・ムンド
知ってる方少ないと思うので。
もともと長崎は原爆投下予定地ではなく投下直前で変更され被害にあった場所です。もともとは福岡の小倉が投下候補地でした。全国の皆さん。もしかしたら自分の地域に投下されてもおかしくなかった事を知っていて欲しいです。
黙祷お願いします。
短いですが、良い記事です。

「快晴の朝がたちまち地獄に……リトルボーイとファットマンの投下から75年」

そしてあれから75年。その後、実戦であえて核兵器を使った国は、今のところない。
BBCニュースJAPANの記事です。 → 「快晴の朝がたちまち地獄に……リトルボーイとファットマンの投下から75年」
この時期に、改めて。
だめなものはだめと言い続けていこう
歴史にもしはないけど、ポツダム宣言を速やかに受諾していれば、と考えてしまう。沖縄戦の6月22日で既に最終結果が出ていたのに。
7月26日にハリー・トルーマン米大統領が、日本に最後通告。
「無条件降伏」をしなければ、「迅速かつ完全なる壊滅」が日本を待ち受けているという、「日本への降伏要求の最終宣言」。「」
≪「まるで熱湯の入ったバケツが落ちてきて、肌をこすっていったみたいだった」
(中略)
肥田舜太郎さん(広島で被爆):約6000人の患者を診た。1万人かもしれない。それからは、もう医者を続けたくなかった。診察した人は全員、次々と死んでいった。誰も救えなかった≫
BBCが原爆について、日本の放送局よりも詳しく解説しているという不思議。
戦後75年経って、BBCでこのようなニュースが流れるようになった。感慨深い。
広島に原爆が投下されてから、
75年と半日経ちました
原爆の被害にあわれた方々全てを追悼いたします
先の対戦で日本のために戦い亡くなられた方々を哀悼し、今この日本があることに感謝いたします
記事最後の一人一人の言葉が、心に響く。
忘れない忘れない。
怒りしか感じない。#原爆投下から75年

「広島の時代」という著作の共同編集者でもあるゴーディン教授は、「#核兵器 を使うかどうかではなく、どうやって使うかを、軍は議論していた」と話す。「最も効果的な使い方は、日本降伏を実現するものだった」。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR