TOP > 国際 > 当惑する医師たち 新型コロナウイルス治療の最前線で - BBCニュース

当惑する医師たち 新型コロナウイルス治療の最前線で - BBCニュース

55コメント 2020-05-27 15:37 | BBC Japanキャッシュ

医療現場で新型コロナウイルスと戦っている医師たちは、まったく見たこともない未知の事態に直面しているという。...

ツイッターのコメント(55)

新型コロナウイルスがインフルエンザと何ら変わらないと主張する人達の気が知れない。先ずは敵を知ることが大切では!
5/27の記事だが素晴らしい。
日本の記事で現時点でこんなに包括的でまとまった記事は読んだことない。
絶賛👏🙆‍♂️💮
ふーん、ほんとよく分からん菌だよな。
BBCのこの記事を読むと、COVID-19が従来のウィルスとかなり異なった特徴を持ち、危険であるかが分かります。ウィルスが変異すると、これと同じ事が日本で欧米と同じ規模で起きる可能性があるのです。
コロナ感染症の医学的なレポート
あなぞってはいけないコロナ、規制解除は早すぎないのか
「新型ウイルスに感染したほとんどの人は軽症で済む。まったく無症状の人もいる。しかし、重症化して危篤になる大勢の患者にとって、COVID-19は恐ろしく複雑な病気だ」
治療の最前線で
≪「自分が今日やったことは正しかったのか、実はよく分からないと思いながら帰宅することもあった」という。「ほかの病気は何百年かけて学んできたことを、この病気についてはたった数カ月で解明しなくてはならない。それは本当に大変な作業だ」≫
@HomuD_madogiwa この記事を読むとわかるのですが、人工呼吸での酸素供給が適切か再検討されたのは、全身が炎症を起こして酸素供給が阻害されるウイルスではないかと考えられているからなのです。:
やっぱコェエよな...。
新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」と戦い続ける集中治療室の医師たちと話すと同じ表現が繰り返し出てくる。「こんなのは初めてだ」,「こんなのは見たことがない」と。このウイルスによる感染症がいかに重篤か
時間がある方、BBCの記事読んでみてください。まだコロナは未知のウィルス。 どんどん新しい発見があるようです。
イギリスでは「アフリカ系や(インド系など)南アジア系の人たちに極端なほど被害が集中」、4月10日にBBCが報じたそのままが続いているようだ。ところがアフリカ、インドの本国では死者は増えていない。ファクターXは人種でなく後天的要因だろう。
BBCからだけど、びっくりするような記事。
謎だらけのCovid19
良記事

「正常なフィブリノゲンの量は、血液1リットルあたり2~4グラムです。妊娠中には少し増えるものの、COVID-19では、1リットルあたり10~14グラムまで増えている」
が引き起こす疾患が『単純な風邪』などでは決して有り得ない

その一方で、この話は医療機関の中でも集中治療室に運び込まれる人たちのみをピックアップしてみた『新型コロナウイルスのもたらす一側面』である、ということも忘れてはならない
続)
「COVID-19に結びつく基礎疾患は、循環器系のものが多い。静脈や動脈に影響する、高血圧や糖尿病や心臓病だ。性別や肥満度、そして高齢かどうかも影響する。」
新型コロナ最新治療
「多臓器系疾患」
肺だけがなく、腎臓、心臓、肝臓、筋肉までもひどい炎症を起こすことがある。
腎不全も多く、透析装置を通る血液は異常に固まりやすい。
人工呼吸器で少し補助すれば何とかなる70代がいるかと思えば、20代の人がたちまち多臓器不全に。
とりあえず、標準治療もワクチンも第二波には間に合ってくれよ🙏
バーバラ・マイルズ医師は、これほどの勢いで一気に学習しなくてはならなかったのは医者になって初めての経験だと話す。
「COVID-19による血栓症の治療法と予防法について、もっと知りたい。防ぐためには何が最適な方法でもし血栓ができてしまったら何が最適な治療法なのか」
COVID-19の肺炎以外の症状についても述べられている。
コロナウィルス感染で重症化した患者は肺だけでなく、腎臓、心臓、肝臓にもダメージを受ける。筋肉にもひどい炎症を起こす多臓器系疾患である。また脳に炎症を起こす人もいる。まだよくわかっていない疾患。
→こういう現場の声が日本の病院からはあまり届けられない。
取材が足りないのだろうな。
見えないCOVID-19の全貌。現代医学で前例のない大量の症例、症状なしの血液中の酸素濃度低下、血管の膜の炎症からできる血栓、T細胞の劇的な現象、こうした様々な要素が合わさる「多臓器系疾患」。 ”これまでのCOVID-19治療法は、すべての患者にとって最適なものではない”。
「血栓の主な原因になる血中のたんぱく質は、フィブリノゲン*『正常な*量は、血液1リットルあたり2~4グラムです。妊娠中には少し増えるものの、COVID-19では*10~14グラムまで増えている』」
「肺炎より感染力が高い」
「酸素」
「炎症と血栓」
「免疫系とその他の臓器」
「軽症の人、重症の人 なぜ違う」
「臨床試験」
マイケル・クライトンの「アンドロメダ病原体」体中の血液が凝固して死亡するんだけど、新型コロナウィルスの登場で小説の中の話しじゃなくなっている。😱
長いけどよう読んだ方がええと思う→
「血栓リスクを測る別の指標、「Dダイマー」と呼ばれる血中たんぱく質も、あり得ないような異常値を示す。「健康な患者のDダイマー値は数十から数百だが、COVID-19では、6万、7万、8万といった聞いたことのない数字がしきりに出ている」と、モンゴメリー医師は言う」。
新型コロナウイルス治療の最前線で|BBC コロナについて現時点でわかっていることまとめ。
感染しないことがやはり大切なのですね…怖
最前線のベテラン医師の実感。呼吸器系基礎疾患患者より、糖尿、血圧 心臓の循環器系疾患者、肥満、60歳以上、男性が重篤化。
BBC|  「」治療の最前線で
ICUの勤続年数が20年を超えるゴードン医師でさえ、「自分が今日やったことは正しかったのか、実はよく分からないと思いながら帰宅することもあった」という。
新型コロナウイルスはこのACE-2に結合し、健康な細胞に侵入する。遺伝的に体内のACE-2受容体が特に多い人は、その分だけCOVID-19が体内に侵入しやすく、重症化しやすいという可能性もある
「COVID-19に結びつく基礎疾患は、(喘息などでなく)循環器系のものが多い。静脈や動脈に影響する、高血圧や糖尿病や心臓病だ。性別や肥満度、そして高齢かどうかも影響する。」
重症患者の血液はドロドロ!
重症化する患者の体内でこの は、
激しい炎症を起こし、
たくさんの血栓を作り、
複数の臓器を攻撃し、
生命を脅かす症状のカスケード(症状の連鎖)を
全身で引き起こす。
2020/5/27 16時頃

クリス・モリス、BBCリアリティーチェック

新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」と戦い続ける集中治療室の医師たちと話すと、同じ表現が繰り返し出てくる。「こんなのは初めてだ」、
患者によって、色んな症状が出て、一筋縄では行かない大変な病気みたい。とにかく、コロナ太りは避けよう。
興味深い記事です。医療現場の苦悩の現実>>>
一部の重症患者に起きる腸の問題だ。下部消化器官にはACE-2受容体がたくさんある。症状が出るということは新型ウイルスが下部消化器官にも作用することを意味する。腎不全の多発にもACE-2が関係している
"こうした様々な要素が合わさることで、COVID-19は症状の変化がきわめて予測しにくい病気になっている。専門家が「多臓器系疾患」と呼ぶものだ"
COVID-19の場合、1週間では足りないことが多い。「それよりずっと長いこと人工呼吸器が必要だったケースが相次いでいて、なぜそうなのかよく分かっていない」
「ある意味で、まるでノルマンディー上陸作戦に備えているみたいな感じでした」
こんなん読んだらインフルと同じとは到底思えないし、経済止めないことも大事ってのも分かるけどやっぱり極力罹りたくないわ
「『ほかの病気は何百年かけて学んできたことを、この病気についてはたった数カ月で解明しなくてはならない。それは本当に大変な作業だ』」
新型コロナウイルス治療の最前線で戦い続ける集中治療室の医師たちと話すと、同じ表現が繰り返し出てくる。「こんなのは初めてだ」、「こんなのは見たことがない」と。
新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」と戦い続ける集中治療室の医師たちと話すと、同じ表現が繰り返し出てくる。「こんなのは初めてだ」、「こんなのは見たことがない」と。
"「まるで中世」のような3カ月だったと、ハント医師は言う。国内最高峰のICU専門医たちが、まったく未経験の病気を前にして、知識や経験をもとに、当て推量するしかなかったのだ。"
COVID-19と特に多く関係する基礎疾患が、ぜんそくなど呼吸器系の病気ではないことも、特に注目されている。

--
とても興味深い。
炎症は肺だけでなく他の臓器にも見られ、血栓、血管の損傷もあることを知った。まだまだ不明な点があるということを冷静に捉えるべき。臨床の知見を得て、今後も医学的検証を続けること、支援してゆくことが大事だ。
基本的な情報は網羅。
これが今んところ一番まとまってたかな。結局まだ分かってないんだよな、コロナについて。肺炎じゃなくて肺炎に近い多臓器系疾患。ってのがスッとくるね。#コロナ

新型コロナウイルス治療の最前線
これは読むべき

「医者を長年やっているが、こんなのは見たことがない」。

血栓リスクを測る別の指標、「Dダイマー」と呼ばれる血中たんぱく質も、あり得ないような異常値を示す。
以上
 

いま話題のニュース

PR