TOP > 国際 > 【解説】 サウジ石油施設攻撃、揺れる中東はさらに不安定に 米は実は玉虫色 - BBCニュース

【解説】 サウジ石油施設攻撃、揺れる中東はさらに不安定に 米は実は玉虫色 - BBCニュース

22コメント 2019-09-16 13:18  BBC Japan

イランに対する米政府のメッセージは玉虫色で、誰が有利なのかよく分からない状態だ。

ツイッターのコメント(22)

【BBCニュース解説】  

飛べない核弾頭に意味は無い。浮いてるトランプがどう在れ、米軍と米国の車社会には、莫大な石油が必要で、ターゲットはサウジ、イランは二の次。サウジは第二のイラクだ。
巡航ミサイルに近いものもドローン。
値段はまた格別。
案外アメリカが関与しているのじゃないかな、失政批判を外国に関心を振り向け,岩盤石油が有り余るアメリカは、原油価格が上がれば御の字
色々とキナ臭いぞ。
「誰が石油施設を攻撃したのか」情報が錯綜して世界中が困惑してる。
おまえだろ!おまえだろ!って、また新しい火種が出来てしまっただけで。

さて、いつの日か、どこかのバカが核爆弾を1発だけ撃った時、果たして我々は犯人を特定できるのだろうか?
国連安全保障理事会、2018年に、フーシ派のUAV「カセフ1」とイラン製の「アバビルT」が非常に似通っていることを指摘している。幅広い内容の報告書で専門家パネルは、イランはイエメンに対する武器禁輸制裁に違反し、フーシ派に様々な武器システムを提供したと主張した。
「空爆したのは自分たちだと、フーシ派は言う。アメリカはイランだと主張する。イランは一切の関与を否定している。」
サッカーボールで窓ガラス割ったの誰だよ、みたいななすりつけ合い…😑
リーマンショック級なので消費税増税中止やなw
まだ①米中、②ブレグジット、③日韓があるのに。四つそろい踏みで10月から消費増税。おそろしや→
BBC★
いくつかの外報をチェックしてるが、このBBC解説がもっともバランスが取れ、信頼おける。ともかくも日本のメディアはイエメンへの戦争犯罪に関する情報は皆無に等しく残念だ
フーシ派にもイランにもそんな長距離無人機は存在しない。石油高騰のための自作自演?★ - BBC News ニュース /
世界情勢が緊迫してきたな
- BBC News ニュース
サウジアラビアの重要石油施設が攻撃されるという劇的な展開を受け、予想通りの舌戦が繰り広げられている。世界経済に極めて重要な石油施設がいかに脆弱(ぜいじゃく)か、今回の空爆で露呈されてしまった
トランプ大統領がイランと戦争するかどうか決断にかかっています。
◇ 一気にヤバイな?!、、、
流石のトランプも不人気な戦争はしたくないわな
混迷する中東に新たな火だね
どの勢力の攻撃だったのか
サウジアラビアはなぜ、迎撃出来なかったのか。
サウジ石油施設攻撃、
揺れる中東はさらに不安定に 米は実は玉虫色
局地的でも中東で紛争が起これば、経済の停滞がはじまる日本にとって悪夢となる。今こそ自他共に認める「安倍外交」の出番
中東危機アゲインとなるのか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR