TOP > 国際 > 【解説】 イラン、アメリカ、湾岸地域――これからどうなる? - BBCニュース

【解説】 イラン、アメリカ、湾岸地域――これからどうなる? - BBCニュース

21コメント 登録日時:2019-06-14 19:46 | BBC Japanキャッシュ

中東オマール湾でタンカー2隻が攻撃されたことを受け、アメリカはイランに対して軍事行動に出るのだろうか。...

Twitterのコメント(21)

これって安倍さんが(トランプのパシリとして)イランに行ってなかったら起きなかった事件じゃないかな?
トランプ大統領って、今までの傾向だと言葉は過激ながら金のかかる戦争は出来る限り避けるタイプの人っぽいので、アメリカとイランの戦争はそこまで心配してない。
問題はサウジアラビア辺り。
BBCも
「チンケ」
「二流」な報道。
戦争不安をあおって
戦争で儲けたいのか?BBC?

トランプは戦争はしない。
これ以上は悪化しない。

わかんない?日本国民はバカだから
わかんねえよな!ハハ!
こんな理不尽な被害を受けて日本政府は静観するのか⁉︎
コーエン国連代表の言う通り「商船に対する攻撃は容認できない」のは正論である。ならば国連安保理での検証を求めることが日本にとって正道であり戦争リスクを最大限回避する道と言える。
もう、いい加減にして欲しい。

でも、イラクとアメリカの対立を煽って、その結果として利益を得る奴等が世界中にいるということなんだよね。
いつものアメリカの手口。
ベトナムも、イラクも…歴史が全て証明している。
ピッカピカドドーンピカッドーンドン
「もしアメリカが何らかの対応、特に軍事的対応を考えているなら、友好国を含めた多くの国が機密情報の正確な詳細を説明するよう求めるに違いない。」イラク戦争の二の舞は避けたい
イランにこんなピンポイントで撃沈させずに航行不能にする技術はない。しかも船影も捉えられない遠方からの攻撃。CIAあたりの匂いがプンプンするわ。
アメリカの仕業かもしれん。
ホルムズ海峡が危険となれば、アメリカは日本に石油を売りつけることができる。しかも、首相がアメリカの犬だから言い値で買ってくれるからな。
なんでイランがこんな馬鹿なことをするのかまったく説明できていない。米国がシナリオを描いただろうほど精細にポンペオが言っちゃってるじゃん。革命防衛隊の写真なんて関係ないのに。・・・次は日本国籍の船をやるんでしょうけれど、自衛隊はおびき出されてはならない。

@brahmslover 憲法9条バリアが崩壊していますが、パヨパヨちんダンマリ。

憲法9条があれば攻撃されないはずでは?

お花畑にお住いのお仲間に説明してやって頂けませんか?
ビーチ通いの前川喜平さん。
アヘシ応援団は、アベ氏のイラン訪問を高く評価すべきと訴えるが、万が一にでも戦争になったら、どうするのか?。アメリカと共に戦うのか?
普通に考えればいつもの、まったくもって「いつもの」アメリカの捏造。それも戦争のため。

この指摘は重要!→「恐ろしいのは、計画的な行動ではなく偶発的な出来事だ。」 #オマン湾  #タンカー攻撃
こういう時大統領がトランプさんだと怖いな…
BBCは「アメリカは姿勢と行動に注意すべき」みたいな感じ
日本の外交と言うよりは、アメリカ外交の一環として見ている(当然だけど)

イランの攻撃である証拠に拘るのは、イラク侵攻を考慮した嫌みなんだろうなぁ
イラン 革命防衛隊が、限界に挑戦するという彼らの言い分を超えて、彼らがアメリカやその同盟国が許さない行動に出てしまったら戦争になるのでしょうか。(-_-;)
ジョナサン・マーカス、防衛問題担当編集委員
「制裁の強化がイランに圧力をかけ、一部の人たち(独自の海軍力を維持する革命防衛隊など)に反撃を決意させるという、現在の状況を招いたのはほぼ間違いない。」
タンカー2隻が攻撃されたことについて、アメリカとイランはまったく矛盾した説明をしている。

アメリカのマイク・ポンペオ国務長官は、素早く断固として、イランを名指しして非難した。

イランはと言えば、13日の事件への関与を全面的に否定した。
BBCの記事、「安」も「日」も全く出てこないな。
以上

記事本文: 【解説】 イラン、アメリカ、湾岸地域――これからどうなる? - BBCニュース

関連記事