イギリス、ウクライナに自衛兵器を供給 国境でのロシア軍増強受け - BBCニュース

26コメント 2022-01-18 15:19 BBC Japan

ツイッターのコメント(26)

👆イギリスの話に「え?」という人多いですが、個人的には違和感あまりなく、支援国の中で一番手厚い印象は確かにあります。ハード面では侵攻前から武器を供与してますし、ソフト面でも訓練を2015年から長年提供しています。
イギリスは2015年以降、ウクライナに数十の部隊を派遣し訓練を行っている。また、2014年にロシアがウクライナのクリミア半島を実質的に併合して以来、ウクライナ海軍の再建にも力を貸している

 国境でのロシア軍増強受け2022年1月18日
ウクライナ支援が日英同盟のそれ、英は今も昔も変わってない
>また、訓練を提供するためにイギリス軍の小チームをウクライナに派遣したと述べた。

つまり武器提供する際には、米英NATOの教官→ウクライナ教官→実戦部隊ってな訳なんだろうね。
戦闘機提供には……多分、中身入り、フライングタイガースじゃないかな。
開戦前支援:イギリス

概要:
短距離対戦車ミサイル等を供給(詳細応えず)
訓練提供のためにイギリス軍の小チームをウクライナに派遣した
*イギリスは2015年以降、ウクライナに数十の部隊を派遣し、訓練を行っている
ウクライナの大統領が EU加盟国に
サインしてから ヨーロッパ 全体から武器の供与が始まった イギリスでは自衛兵器など ウクライナが長距離戦 に持ち込めれば ロシアは破産の国になるよ
2022年1月18日


イギリスは1月に武器と軍事訓練を供与してた。これが効果あったんだろう。イギリス特殊部隊SASは戦闘には参加してないんじゃないか
ウクライナ国民と兵士もそうだけど、英軍の小チームも無事なんだろうか………。
イギリス、ウクライナに対戦車ミサイルを供給  - BBCニュース

日本はウクライナに憲法9条を送りました。
「 国境でのロシア軍増強受け」

記事より→「訓練を提供するためにイギリス軍の小チームをウクライナに派遣」
英国によるウクライナへの武器供与
侵攻ブラフ遂行の口実を与えたが、これもつまり「ほぼ無力化したとロシア側が思っていたウクライナの再武装化、自衛力増強開始」を感じた故とも言える。

そして昨日

 国境でのロシア軍増強受け
 
PR
PR