ファーウェイ副会長が米と司法取引、中国へ帰還 中国拘束のカナダ人2人も解放 - BBCニュース

10コメント 2021-09-25 13:33 BBC Japan

2018年にカナダ当局に逮捕され、アメリカへの身柄引き渡しが決まっていた中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長(49)が24日、中国へ帰還した。一方、中国で拘束されていたカナダ人...

ツイッターのコメント(10)

↓ 勝利どころか中国の敗北では?
実業家のマイケル・スパヴァー氏と元外交官マイケル・コヴリグ氏は、孟氏がカナダで逮捕された数日後にスパイ容疑で逮捕・起訴された。(記事引用)

中国政府の力づくの人質外交が見て取れると同時に、「スパイ容疑」がどのように使われる可能性があるか、が分かる。
大切な情報は日本国内では抜け落ちている。カナダ人が報復で拘束されていた事を忘れてはいけない  - BBCニュース
弾丸が飛びかわないだけでバチバチに交戦状態ですな
敗戦国の日本ではできないねえ
白を黒と言うBBC。米英の手先として仕方ないが

人質を取ったのは米国トランプ政権だった。トランプが貿易戦争のカードとして使う可能性を明言した

イラン制裁法律は米国国内法だ。イラン合意を違反したのは米国だ

中国企業が国連メンバーのイランと交易する権利がある
2021年9月25日



"中国はこれまで両氏の拘束について、孟氏の処遇に対する報復措置との批判を否定してきた。"
のに、孟晩舟氏が解放されたらカナダ人2人を解放したのだから、事実上人質だったな
2018年カナダ当局に逮捕され、アメリカへの身柄引き渡しが決まっていた中国・華為技術(ファーウェイ)副会長の孟晩舟が24日、米司法省との司法取引に応じた。中国で拘束されていたカナダ人2人も解放された。
話は一気に進んだなー。
中国はメンツを保ちつつ、VIPでもある彼女の安全を確保できた。
事実上の勝利と言える。
米国はどうか?第6世代覇権争いにはあまり影響を与えなかった気も。
以上
 
PR
PR