TOP > 国際 > パリで教師が首を切られ死亡、当局はテロとして捜査 - BBCニュース

パリで教師が首を切られ死亡、当局はテロとして捜査 - BBCニュース

17コメント 2020-10-17 12:40  BBC Japan

被害者の教師は、学校で生徒に表現の自由について教える一環で、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を見せていたとみられている。この風刺画は、2015年に風刺週刊紙「シャルリ・エブド」社屋で起きた襲撃事件...

ツイッターのコメント(17)

「被害者は歴史と地理の教師で、生徒に「シャルリ・エブド」に掲載されていたムハンマドの風刺画を見せ、表現の自由について話していたという。」/パリ近郊で教師が首を切られ死亡、当局はテロとして捜査 -
この件が気になっています。教師が生徒に見せたのが

引用:「シャルリ・エブド」に掲載されていたムハンマドの風刺画

であった、ということです。この風刺雑誌の編集部は、2015年1月7日イスラム教徒の襲撃犯2人による攻撃を受けています。有名漫画家ら12人死亡。今裁判中。
こういう話を聞くと、やっぱりトレイパーカー兄貴とマットストーン兄貴は良い意味でキチガイなんだなと思っちゃうね。立派だよ
イスラム教徒は、何処の国も入国禁止にしてくれ。ただのテロ集団だしこんなの改善されないなら世界が結託して淘汰すべきだ。正々堂々戦えないから民間人や施設を狙う奴なんてただの屑だ。

パリ近郊で教師が首を切られ死亡、当局はテロとして捜査
生徒にシャルリ・エブドに掲載されていたムハンマドの風刺画を見せ、表現の自由について話していたという。←シャルリエブドを有りと話したのか、これは無しと話したのかすごい気になる。無しと話してたらムスリムの親から抗議は来なかったのでは、と思うんだけど。
「警察は犯人に投降するよう呼びかけたが、犯人が警官を脅したため、その場で射殺した。」
フランスて死刑ないけどその場で射殺はあるんだね。
スウェーデンでもムハメドの風刺画で事件が起こっている。ギャングに移民が多かったり、名誉殺人や男尊女卑など、イスラムの極端な文化や、融合失敗で、スウェーデンでも分断が進んでいるのを感じる。
@TOKYOMEGAFORCE @kemohure フランスで首切りテロが……。
やはり佐川くんの仕業ではなかったようだ。損壊された遺体が食べられてなかったからね。
パリ北西部で16日午後5時(日本時間17日午前0時)ごろ、教師が首を切り落とされて殺害された。犯人は警察に射殺された。

被害者の教師は、学校で生徒にイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を見せていたとみられている。
afp通信にもこれ載っていましたね。
まぁ・・・イスラム教で禁じられている偶像崇拝をわざわざ風刺画で「表現の自由を教え」る事自体が不寛容ではあるし、なんなら前例が山程ある問題なわけで
ここまでとは言わずとも、こうなることは想像できる範囲内だわな
この教師が身をもって教えてくれたんやろ、「表現の自由も他者への配慮を伴わなければ命がけになる」ということを  -
あのーさー、残酷な事件の記事について細かいことで恐縮なんだけど、「パリで教師が首を切られ死亡」って、首を切り落とされたのか、のどをかき切られたのか見出しだけでは判別しにくいので、首を切り落とされ死亡」にしたほうがいいのでは。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR