TOP > 国際 > 第2次大戦の大型不発弾、処理中に大爆発 ポーランド - BBCニュース

第2次大戦の大型不発弾、処理中に大爆発 ポーランド - BBCニュース

32コメント 2020-10-14 13:09  BBC Japan

ポーランドで13日、第2次世界大戦の不発弾の処理作業中に大爆発が起きた。同国の海軍が明らかにした。不発弾としては同国最大だったという。

ツイッターのコメント(32)

リュッツオウ撃沈に使われた弾か
第二次世界大戦の不発弾が処理中に爆発

運河の底に埋まり先端部だけが表出していた不発弾を、ポーランド海軍が遠隔操作で処理しようとしていたところ爆発。
不発弾の長さ6メートル、重さ5.4トン。
けが人はなかったとのこと。
よかったですね…。
トールボーイの炸薬は元々魚雷爆雷向けに開発されたTorpex、水中処分といっても全く気の抜けない厄介な代物…(そもそも炸薬の力がキチガイすぎる)
クソデカ不発弾
ポーランドは宇宙に行けない
ポーランドは独立できない
ポーランドは不発弾処理が出来ない←New!
水中に眠っていてもまだ生きていたんやな、不発弾こええ
えええ!!!😲怪我人いなくて良かったー
やっぱり不発弾処理は危険よね・・・
あ、爆破しないでいこうとしてたところ、爆発しちゃったのね(被害なし
……う わ あ。
トールボーイとか、洒落にならんわ。
何はともあれ、死傷者が出なくて良かった。
英軍が投下したトールボーイじゃないですか。トールボーイが水中爆発すると、どんな感じなのかの映像も見れます
やっぱり不発弾は爆発するのね。
WW2から随分経った物でも爆発するんやな…💣️
ポーランドで5トン爆弾トールボーイが処理中に爆発したとか。幸い人的被害は無いようで。この辺り、ドイツの戦艦リュッツォウ、旧名ドイッチュラントが着低したとこらしく、その頃の不発弾みたいですね。トールボーイの不発弾って言うとランボー最後の戦場でも出てたな…
ヨーロッパではデカイ爆弾使ったからね、特に港湾施設やブンカー破壊に
記事本文のワードが濃いね。

イギリス空軍は第2次大戦中の1945年、この地域の空爆で「トールボーイ」または「地震」爆弾と呼ばれた爆弾を落とし、ドイツ軍の戦艦リュッツオウを撃沈した。

当時、シフィノウイシチェはドイツの一部で、スヴィーネミュンデと呼ばれていた。
お前の国が造って落とした爆弾なの草
人死にがなかったんだったら、良かったね。>
おぉ…不発のトールボーイか…
トールボーイの不発弾とかヤバイね!
欲しかったな。
第2次世界大戦の不発弾の処理作業中に大爆発 けが人なし
遠隔処理中で良かったね

第2次大戦の大型不発弾
大爆発
🇵🇱不発弾爆発🔥😭💣
死傷者出なくて幸い。
それと市街地じゃなくて良かったね。
トールボーイどっかーん
すごいわね
すげー。デカい爆弾。
ケガ人がいなくてなにより。
「作業の途中で爆発が発生した。これにより、爆弾の危険性はなくなったとみられる」
そらそうよ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR