TOP > 国際 > ワニにヘリウムを吸わせたら……イグ・ノーベル賞の音響賞 - BBCニュース

ワニにヘリウムを吸わせたら……イグ・ノーベル賞の音響賞 - BBCニュース

31コメント 2020-09-18 12:58  BBC Japan

30周年の今年はこのほか、眉毛を分析することでナルシシストを特定する機械を発明した研究グループや、ミミズを高周波で震動させた時に何が起きるのかという研究が受賞した。

ツイッターのコメント(31)

学問にもいろいろあるよ。
ヘリウム吸ってゲップしたらどんな音するんだろ。誰かやってないかな
息子が一番最初に粘菌に興味を持ったのが京都大学で、昨年スゥエーデンのルンド大学で毎日粘菌を探してました。北大の中垣先生は粘菌の研究でイグノーベル賞を受賞されました。勝手に縁を感じております。
「平和賞:インドとパキスタンの両政府に対し、外交官が真夜中にひそかにいわゆる「ピンポンダッシュ」の応酬を行った功績」功績…?/
見出しの研究よりも各分野の受賞が激レアさんすぎる。
毎年楽しみにしているイグノーベル賞。個人的に、医学教育賞:新型コロナウイルスのパンデミックを利用し、政治家が医師や科学者以上に人々の生死に影響を与えることを示した功績、がお気に入り
イグノーベルは安定に訳わからんくて、最高に好き

特に今年はミミズに高周波当てて形変えるとかいうマッドサイエンティストがおって笑った
若干、動物虐待の香りがすると思っていたら、実験方法が「若干溺れさせる」とかラジオで言っていた(笑)。ワニには比較的負担が少ない方法らしい。
「馬鹿げているように聞こえるが、少し深く掘り下げれば、イグ・ノーベル賞を得た研究はどれも現実の問題を解決しようとしていること、そして正規の考査を経て学術誌に掲載されていることに気付く」
うーん、流石BBC。こういうところは本当に信頼できる。
今年のイグ・ノーベル賞の医学教育賞、最高じゃないすか。さすがだ。......平和賞😂
・平和賞:インドとパキスタンの両政府に対し、外交官が真夜中にひそかにいわゆる「ピンポンダッシュ」の応酬を行った功績

・マネジメント賞: 中国の暗殺者5人が、殺人依頼を次々に下請けに出した結果、最終的に誰も犯罪を犯さなかった功績
医学教育賞:パンデミックを利用し、政治家が医師や科学者以上に人々の生死に影響を与えることを示した功績。受賞はボルソナロ、ジョンソン、ルカシェンコ、トランプ、エルドアン、プーチン、モディ、メキシコとトルクメニスタンの大統領。なぜ安倍が受賞しない?
ワニも良いけど、平和賞とマネジメント賞もなかなか笑
今年のイグ・ノーベル賞もスゴい!常識を打破する研究ばかり。医学教育賞はなかなか皮肉がきいており、最後のマテリアル・サイエンス賞に至っては笑いしか生まれない😆😆😆
今年もこんな時期か・・・。
昆虫学賞おもしろいw
イグ・ノーベル賞も今年はオンライン。是非授賞式でヘリウムを吸ってスピーチして欲しかった。惜しいなあ。
なかなか興味深い。
心理学賞: 眉毛の分析でナルシシストを特定する方法の研究

ワニよりこれ気になるのだが🐊
安倍前首相、惜しくも、トランプやプーチンが受賞した医学教育賞を逃す。

|BBC:
ラインナップが相変わらず素晴らしいのだが、ピンポンダッシュ何してんのw
『 』
今年のイグノーベル賞は
医学教育賞「新型コロナウイルスのパンデミックを利用し、政治家が医師や科学者以上に人々の生死に影響を与えることを示した功績」として
ブラジル、米国、英国、インド等の大統領と首相が受賞
(大統領自ら科学を無視する等で感染拡大に貢献した国々)
風船のように、ワニが空中に浮かんだって話かと思った。

「動いているのは空ではなく地面です。」って云った人は、当時の人達に、「何を下らない事を云っているんだ。そんな事を調べて何の得になるんだ。」って云われたんだろうな。
各賞の内容が面白すぎて、これだけで酒の肴になるww
確かにワニは見出し映えするけど、これ本当の話だったの…?こっちの方が気になる
・マネジメント賞
中国の暗殺者5人が、殺人依頼を次々に下請けに出した結果、最終的に誰も犯罪を犯さなかった功績
相変わらず各賞の内容がくだらなすぎてウケる。。→
マテリアル・サイエンス賞:凍らせたヒトの糞便から作った刃物が役に立たないことを証明した研究

やってることが東海オンエア
"ワニに声色を変えるヘリウムガスを吸わせ、コミュニケーション方法を調べた研究チームが[…]「イグ・ノーベル賞」の音響学賞を受賞"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR