TOP > 国際 > 氷河期のクマ、歯や鼻が残る「完全な姿」で発見 シベリア - BBCニュース

氷河期のクマ、歯や鼻が残る「完全な姿」で発見 シベリア - BBCニュース

16コメント 2020-09-18 13:37  BBC Japan

ロシア北極圏のリャホフスキー諸島でこのほど、氷河期のクマの死骸が完全なかたちで見つかった。

ツイッターのコメント(16)

2万2000〜3万9500年前、この惑星で生きていたクマさん。
2019年には1万8000年前、この惑星で生きていたイヌさんもきれいな姿のまま掘り出された。
永久凍土が融けて、過去の秘密が暴かれるね。
ウイルスどころじゃない。ジュラシックパークが現実化するかもよーー。
永久凍土からいろいろ見つかりすぎて嬉しいけれど、永久凍土が何千年もかけて溶けなかったのに今溶けちゃうんだ…という気持ちにも
ほう

ベアベアくまー
すごいと同時に温暖化の甚大さを感じるな。。。
氷河期のクマ、シベリアにて完全な姿で発見!
「今回の発見は全世界にとって非常に重要な意味を持つものだ」
「全ての内臓も含め、完全な状態で保存されている。鼻さえも残っている」

「過去に頭蓋骨やそのほかの骨が見つかったことはあるが、今回の発見は全世界にとって非常に重要な意味を持つものだ」
ぐおっ!...今度はクマか!!
最近永久凍土が溶けて、動物遺存体が続けて発見されている。ちょっと気になるニュース。
🌳
2〜4万年前のクマとかロシアは掘れば何でも出てくるね
すげー!
クローンいっちゃいやしょ。
ダメ?
賛否分かれるんだよなぁ。

こういう大発見系のニュース大好き。地球が前に進んでいる感じがする。と思ったけど永久凍土の融解が進んでることが要因らしくてうつむいた。
近年、シベリアでは広範囲で永久凍土の融解が進み、マンモスやサイ、子馬や子犬、ホラアナライオンなどの死骸が見つかっている。
どんだけ温暖化進んでるんだ
ロシア北極圏のリャホフスキー諸島で
2万2000~3万9500年前のヒグマの一種
が完璧な姿で見つかった・・と
動物死骸画像注意……リンクにめっちゃ出るな。

この前の子犬と言い、ガンガン出てるっぽいなぁ。永久凍土が溶けて。
地球温暖化により、永久凍土に冷凍保存されていた
死骸が地表に現れた ようね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR