TOP > 国際 > 米スターバックス、SNSの広告を停止 憎悪表現の阻止目指し - BBCニュース

米スターバックス、SNSの広告を停止 憎悪表現の阻止目指し - BBCニュース

15コメント 2020-06-29 13:03 | BBC Japanキャッシュ

米スターバックスは28日、ソーシャルメディアでの広告を停止すると発表した。ヘイトスピーチ(憎悪発言)対策だとしている。...

ツイッターのコメント(15)

🦆永遠に停止して広告なしでどの程度やっていけるのか試して欲しいクワ
マークハミルも削除してたんだね。
米スターバックスは28日、ソーシャルメディアでの広告を停止すると発表した。ヘイトスピーチ対策だとしている。

ソーシャルメディア上の人種差別など問題内容をめぐっては、 コカ・コーラやディアジオ、ユニリーバなどの国際的企業が懸念を示して広告を取りやめている。
「ソーシャルメディア上の人種差別など問題内容をめぐっては、コカ・コーラやディアジオ、ユニリーバなどの国際的企業が懸念を示して広告を取りやめ…スターバックスもそれに続いた」
>フェイスブックに対しては、内容を問わず投稿を放置しているとの批判が起きている。これを受け同社は26日、有害と思われる投稿や誤解を招く恐れのある投稿に表示を付けると表明した。<
黒人に大挙して押しかけられ店を潰されたらたまらんもんね
米スターバックスは28日、ソーシャルメディアでの広告を停止すると発表した。ヘイトスピーチ(憎悪表現)対策だとしている。
「私たちは実際の対面でもオンラインでも、コミュニティーの結束を大事にする」→ 憎悪表現の阻止目指し(BBC)
ソーシャルメディア上の人種差別など問題内容をめぐり、コカ・コーラやディアジオ、ユニリーバなどの国際的企業が懸念を示して広告を取りやめている。
スターバックスもそれに続いた
経営陣や社員が白人だけの大手企業なんてなかろうから、今の流れからこーなるのは当たり前だね。ご褒美にスタバに行ってやろう。上から目線かよ。
コカ・コーラやディアジオ、ユニリーバなどに続き、米スターバックスは28日、ソーシャルメディアでの広告を停止すると発表した。ヘイトスピーチ(憎悪表現)対策だとしている。
かの国でも、大手のあけた穴にコンプレックス商材の会社が出稿して、その結果ユーザーがえげつない脅迫広告にげんなりさせられたりするのかしら |
一部のユーザーがヘイト投稿をしており、そのような投稿をした人物を一件一件訴えていけばいいのに‥‥
プラットフォーマーに責任を求めるのはナンセンス。殺人事件が発生し、事件で使われた包丁店に「責任を取れ」と言っているのと同じ。ヘイト野郎は無視が一番
以上
 

いま話題のニュース

PR