TOP > 国際 > アメリカの新たな感染急増、専門家が議会で警告 「懸念すべき」 - BBCニュース

アメリカの新たな感染急増、専門家が議会で警告 「懸念すべき」 - BBCニュース

10コメント 2020-06-24 13:47 | BBC Japanキャッシュ

アメリカの感染症専門家らは23日、新型コロナウイルス対策を調査する議会委員会に臨み、同国の一部で「憂慮すべき急増」がみられると証言した。...

ツイッターのコメント(10)

「疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長は[…]全国民が今年、インフルエンザワクチンの予防接種を受けることが必要だとし、ワクチンを信頼するよう呼びかけた」
「社会的活動の自粛自体にコロナ拡散を抑える効果は薄い」というような主張をしてたホリエモンや阪大の教授は今のアメリカの状況をどう説明するんだろうか。
BBCニュース: 「懸念すべき」.
アメリカ。じわじわと減ってきてたのに、また上昇し始めた。うーん。感染者数がこの規模になるとどうしたらいいやら。
アメリカでは多くの州で、感染者数が急激に増えている。日本にも特に東京同じ増加している、
自粛疲れの無い自分はまだまだ自粛を継続です。
極力出かけないのが一番の自己防衛策です
もう完全に放置状態の米国

日本も放置状態と言えば同じですが、個人個人が身を守ってるだけですね
新型ウイルスのワクチンについては、ファウチ氏は今年末までの開発を「慎重ながら楽観している」と述べた。

ワクチン開発は「可能性ではなく時間の問題」だとしたが、「しばらくかかるかもしれない」と説明。
以上
 

いま話題のニュース

PR