TOP > 国際 > ジョンソン英首相、ロックダウン中に長距離移動した上級顧問を擁護 - BBCニュース

ジョンソン英首相、ロックダウン中に長距離移動した上級顧問を擁護 - BBCニュース

11コメント 2020-05-25 12:22 | BBC Japanキャッシュ

ジョンソン首相は、カミングス上級顧問が子供の世話を親類にしてもらおうとロックダウン中に国内を400キロ以上移動したことは「合法で責任ある行動だった」と擁護した。...

ツイッターのコメント(11)

>「あらゆる意味で、彼の行動は責任ある、合法で誠実なものだった」とジョンソン氏
>「父親として、親として、誰もが抱く本能に沿ったもの」

えぇ…
国民が「規則」に従っていろいろ我慢してるときに、ロックダウン破りした側近を「父親としての『本能』に従っただけで、まったく問題なし」とかばう英首相。賭博発覚した検事長に訓告で済ませるどっかの国とダブる身内びいきぶり。
これはしょうがない。しょうがない理由がちゃんとある。
@BB45_Colorado ニュースこればっかりやけど、首相閣僚以下保守党亭で酒呑んでワーとか保守党バスツアーでワーでもしない限り大して腹も立たん…日本のワクチンが効いてるみたい😁日本すごい❣
←ジョンソン首相の擁護発言は、極めて依怙贔屓の酷いもので、英国市民の怒りの火に油を注いでいるとのこと。
“公衆衛生の対策を維持するには国民と政府の間の信頼感が不可欠だと、教授は指摘。「一部の人によってルールが違う、こちらとあちらでは違うという意識が生まれてしまうと、信頼は得られない」と述べた。”
「イングランド国教会からも、複数の主教がカミングス氏を擁護する政府を強く批判。リーズ主教のニック・ベインズ牧師は、首相が『国民にうそをつき、見下し、ばかにしている』と述べた」→ BBC -
英国にもガーガー勢力が出てきたか。。。
遊びに行ったんじゃないんだから、本人がやむを得ないと思えばやむを得ない。
「公衆衛生の対策を維持するには国民と政府の間の信頼感が不可欠だと、教授は指摘。「一部の人によってルールが違う、こちらとあちらでは違うという意識が生まれてしまうと、信頼は得られない」と述べた」

政治資金パーティー開いたり大分に旅行した人達に聞かせたい。
イギリスでも首相が「お友だち」を特別扱いして危機に。
以上
 

いま話題のニュース

PR