TOP > 国際 > アメリカのロックダウン、1週間早ければ「3・6万人の命救えた」=研究 - BBCニュース

アメリカのロックダウン、1週間早ければ「3・6万人の命救えた」=研究 - BBCニュース

25コメント 2020-05-24 09:50 | BBC Japanキャッシュ

米コロンビア大学の研究チームはこのほど、アメリカで1週間早くロックダウン(都市封鎖)を始めていれば、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)で3万6000人の死を防げていたとする推計を発表した。ドナルド・トランプ米大統領は、この研究は「政治的な狙い撃ち」だと一蹴している。...

ツイッターのコメント(25)

@Mihoko_Nojiri あ~、トランプのロックダウン指示は3月16日だから、ツイートはそれ以前ですね。(゚∀゚;)
@kirins_yu @takapon_jp あと、確かにこういう調査もありますが、同じ意見になりますね💦
2週間以上前の記事。世界中でこういう検証は行われ続けるでしょう。トランプ、そしてクオモらの責任は。国の情報の遅れの問題だとクオモは言いますが、リーダーが違えば救える命はどれ位あったのか。
- アメリカのロックダウン、1週間早ければ「3.6万人の命救えた」
2週間早い3月1日に始まっていれば、5万4000人を救えたと試算。これは研究対象となった5月3日までの死者6万5300人の83%。トランプ大統領はこれを「政治的な暗殺が目的だ」と一蹴。
「研究では、実際より厳しい制限をより早く導入することで、その効果は劇的に変わったかもしれないことを示唆している」
「早期介入と積極的なウイルス対策の重要性が示された」
後からだったら何とでも…第2波に活かせられるといいね。
ぞっとする数字です。日本はどうか?検査抑制?やら超過死亡データ改竄疑惑やらがあって、データに基づいたことが何も言えないのが残念です。
欧米の政治家って感じ
スピーチ力重視
日本のケースはどうか?
それでもトランプ大統領の支持率は落ちません。
"ロックダウンが2週間早い3月1日に始まっていれば、5万4000人の命が助かっていたと試算"

CDC P&I Mortalityが跳ね上がるのが第12週(3月第3週)。東京の2週遅れ。
米国のロックダウンが1週間早ければ「3.6万人の命救えた」。
大統領は3月16日に国民に対し移動制限を指示。これはWHOが新型パンデミック宣言して5日後に当たる。トランプ政権が欠陥のある検査を導入、実施が遅れたことが各州の対応の遅れにつながった可能性もある。
その明暗を分けた1週間、クオモ知事はどんな主張をしてたっけ。
なぜか記事には書いてないけどさ。
「研究では、実際より厳しい制限をより早く導入することで、その効果は劇的に変わったかもしれないことを示唆している」
「『早期介入と積極的なウイルス対策の重要性が示された』」
これなあ、あくまで原理原則的な集団免疫理論だと、ロックダウンは拡散速度を遅らせるだけなので、集団免疫獲得に必要なだけ蔓延するまでに死ぬべき人はどのみち死ぬってことになるんだけど、どうなのか?

アメリカのロックダウン、1週間早ければ「3・6万人の命救えた」
WHO が軽く見ていたので。
的確な分析。
そしてトランプの、その場しのぎ、俺の都合のいい持論と現実のすり替え、都合が悪くなると責任転嫁で逆ギレ等、「DV男な思考と言動」という特徴が疑いようなく際立つ。
"トランプ政権が欠陥のある検査を導入し、その実施が遅れたことで、各州が2月から3月末にかけてアウトブレイクの情報を十分に持っていなかったこ可能性もあると批判する声もある。"
色んな考えが有りますね。どんな時も皆んなの命を助けたいですものね。一刻も早く。
米コロンビア大学の研究チームはこのほど、アメリカで1週間早くロックダウン(都市封鎖)を始めていれば、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)が原因の死者数を3万6000人少なく抑えられていたはずだという推計を発表。

日本の大学はやらんの?
これだけ政府も国民もいい加減な対策と意識しかしてないのに、(とりあえず)緊急事態宣言が解除されるまで収まった日本は何なんだろうか…。 -
- BBC News ニュース
、ロックダウンが2週間早い3月1日に始まっていれば、5万4000人の命が助かっていたと試算。これは研究対象となった5月3日までの死者6万5300人の83%に当たる。
以上
 

いま話題のニュース

PR