TOP > 国際 > スコットランド、子供のヘディング練習禁止へ 認知症リスクの可能性 - BBCニュース

スコットランド、子供のヘディング練習禁止へ 認知症リスクの可能性 - BBCニュース

29コメント 2020-01-20 17:14  BBC Japan

サッカーのルールが大きく変わる一歩かもしれない。スコットランド・サッカー協会は近く、12歳未満を対象に、練習中のヘディングを禁止する。

ツイッターのコメント(29)

ボールが頭に当たると、頭蓋骨内で浮いている脳が後頭部の骨にぶつかり、打撲傷ができる。

ヘディングをした後には脳細胞にダメージを及ぼすたんぱく質の血中レベルが上昇するとの結果が、ブリティッシュ・コロンビア大学の2018年の研究で出ている。
@SF4aYnCOYLpEuYG @_PITCHLEVEL
昔は、JFAニュースの小さい記事で見た記憶がありますが、あえて小さくしてたなと(笑)オランダでは古くからヘディングを育成年代で規制してます。日本でもスクールとかはヘッドガードしてますね。

ヘディングより、まず首の強化ですかね。
シアラーで英国では注目されてるとか
やっぱり‼️小学生の頃から思ってたよ(*´Д`*)
うちにはサッカーする子はいないから気にしたことなかったけど れんれんの脳細胞が大丈夫だったか気になった(過保護?)
コンカッションはとうとうサッカー界にも

脳震盪は正しく対処などと論ずるのは的外れ
全く次元の違う障害が起こる可能性を指摘していることに気づいてほしい

「コンカッション」という映画を観ることをお勧めします🎦
世界中で、プレー中の頭部保護の重要性が高まっています。
クーバー・コーチング・ジャパンも同様に考え、2005年よりヘッドガード「FULL90」を導入しています。
◆ 随分前から話は出てたけど、ついに正式に禁止にする動きまで来たか。
何か一つのことが原因で認知症になることはないので微妙。ただ、慢性外傷性脳症になる率は高いと→ News)
ヘディングが身体に良いわけないってのは分かってたけど具体的なデータが示されちゃうと結構ショックだな。
ええ。そうです。僕は頭を利き足にしてきたタイプのプレイヤーです。
これさ、現在70代ぐらいの方の幼年~現役時代(つまり40-60年前)と今とではサッカーボールの重さって比較にならないんじゃね?/
「スコットランド・サッカー協会は近く、12歳未満を対象に、練習中のヘディングを禁止する。ヘディングは認知症のリスクを高める恐れがある――というのが理由だ。」
重さ500gが時速128kmで衝突
この辺では5年生までヘディングは禁止だが、6年生からオーケー。でも禁止してもいいかも。前から心配だった。
プロもヘディング禁止で良い。単純に背が高いことが武器になるのはおかしい。足の速さや体の強さは鍛えようがあるけど、身長は遺伝で決まってしまう。日本人にとって良いルールとなるのも◎
サッカー変わるかもねー⚽️🐤
いずれ、ヘッディングそのものが禁止されるのではないか?
「この研究は初めて、プロサッカーが認知機能に及ぼす長期的影響を示す、説得力のある証拠をもたらすことになるだろう」
なるほど、影響がまったくないとも思えんわなぁ。まぁ子供のころから数多くやってきたプロサッカー選手の多くがってわけじゃなかろうから、押しなべて大丈夫なんだろうけど。
スコットランド・サッカー協会は近く、12歳未満を対象に、練習中のヘディングを禁止する。ヘディングは認知症のリスクを高める恐れがある――というのが理由だ。
サッカードランカーもあるんだね
まあ、子供がヘディングして、いいことは1つもないよね。
日本のサッカー協会にはできない決断。
→ "重さ500gが時速128kmで衝突"
これ、ほんとにFIFAのレギュレーションとしてU18以下に通知してほしい(涙目)
そんなサッカー成り立つのかな?
ラグビーのスクラムとかタックルとかの方が衝撃デカそうだけど???
科学的に因果関係の完全立証がされていない段階で協会が禁止するのは先走り過ぎとも言えるし、一方で予防的には必要かもしれないとは思うけど、ヘディング無しのサッカーは魅力半減かな。
元イングランド代表ジェフ・アストル氏は長年にわたり皮製の重いサッカーボールをヘディングし続けたことから59歳で慢性外傷性脳症(CTE)のため亡くなった、と。→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR