TOP > 国際 > 「外骨格スーツ」でまひ患者が歩行可能に 脳波で制御=仏研究 - BBCニュース

「外骨格スーツ」でまひ患者が歩行可能に 脳波で制御=仏研究 - BBCニュース

47コメント 2019-10-04 17:43  BBC Japan

四肢にまひのある男性が、脳波で制御する外骨格スーツによって動けるようになったと、フランスの研究チームが発表した。

ツイッターのコメント(47)

これとかヤバそう(?)
すごい技術だわ。一昔前のアニメの世界やね
@mr_hachiko 最近こんなのも記事に出てましたね。
(たぶん自動車の自動運転技術に引っ張られてセンサーの技術が進化していくので、医療にも導入されていくのかなと)
来てるぜ未来。でも俺みたいな注意力散漫な多動症気味の人間の脳波って、機械操縦するには危なっかしい気がする。うまくやれんのかね。>
一般に普及するくらいのコストまで下がるんだろか。狭い日本では別モデルが必要そうだが。
こういう記事見ると感じる、未来は今だなー
まだまだ実用化には程遠いみたいだけど、確実にいつかは使われるようになるだろうけど、なるべく安価で多くの人の助けになりるといいね
凄いテクノロジーだけど実用されたとしても余りのコスト高に一般の必要とする人達には絶対利用できない物だよな
軍事転用されて兵器として成功しそう
脳に電極繋ぐ研究がかなり進んでることに衝撃。。
脳波で稼働する機械・・・・

ニュータイプやんけ!
サイボーグ忍者!!
凄い·····!手術は怖いけど凄い!
ロマンがあるアーマードコアのAMS、ガン○ムのファンネルの原型みたい期待できる技術。面白い

脳に埋め込んだセンサーで「外骨格スーツ」を制御、四肢にまひのある男性が、脳波で制御する外骨格スーツによって動けるようになったと、フランスの研究チームが発表した。
脳波で外骨格スーツを制御するって
もう完全にSF世界だわ
生きてる間にファンネル実用化しないかな~
エリジウムのエクソスーツやスプリガンのAMスーツも夢物語じゃなくなってきたのか

オリハルコン探さなきゃ・・・
もっと技術が発達するといいね!
脳波制御は実用化できそうですね。あとはコストか…
いやぁ~、すごい時代になったもんだ。
BCニュース -
脳波読み取り→送信・変換→スーツに指令…のバリエーションが増えれば、色んな人が使えそう。
ただ、何より2年ぶりに歩けて嬉しそうで良いニュース。
使ってみたい
もちろんこうした活動はどんどん進めていくべきと思うのですが、「歩く」の定義が良く分からなくなってきた気がしました。
どんどんSFが現実に!

演算処理が待ち合わないならAppleのbionicチップが役に立つのでは。
そういう研究もAppleにはして欲しいところ。

- BBC News ニュース
四肢にまひのある男性が、脳波で制御する外骨格スーツによって動けるようになったと、フランスの研究チームが発表した
R-TYPEの主人公機を思い出した
「脳波で制御」って訓練が必要なんだろうか。2分に1度はおっぱいの事を考えてしまう私のような人間でも正常に動かせるんだろうか。
すごい😲(語彙力)
軍事転用されてMSとか造られちゃうんかね・・・
まだまだ実験段階だけどしゅごい
フランスってやっぱり技術力が侮れんわ……
外骨格スーツ、どんどん実用化に向けて動いてる様子。
すごい時代になってきた→
【BBCニュース 脳波で制御=仏研究】

解決するべき課題は多く、危険な可能性もあるけど、科学の進歩と人の幸せ(というか不幸の克服)がリンクするのを見るのは、やはり”未来科学の21世紀”を刷り込まれた身としては、嬉しいものがある。
俺もうこれでええわ(よくない
世界が攻殻機動隊の義体までだいぶ近いとこに来てるぞ…
ここまででも相当すごい話よな
強化外骨格がいよいよ現実のものとなるのか!
ついに脳波で外骨格スーツ制御できるところまで来たか
20年後の未来わからんなあ
(=-ω-) 改造人間の復讐って言う映画思い出した。
(*゚▽゚) アイアンマンちゃうよ。
リハビリテーションというか使用訓練はやっぱり大変っぽいけど、そんでもすげーことだ

「 脳波で制御=仏研究」
外骨格を脳波コントロールか。SFだよなぁ。
頭蓋骨になかなか豪快な穴あいてるけど、その分脳波をダイナミックに拾えるのか
脳波の翻訳が進んでいるんですね
サイコモビルスーツか?
近い将来、老化にしても脊髄損傷などにしても寝たきり状態というはなくなるのかもしれない。

蛇足としてこれにAIを載せればアンドロイド兵団が作れるとい近未来SF
どんなものでも「絶対に悪用しない」とは言い切れないだろうが、やっぱりこうやって進歩していく。希望をつなぐ人もいるだろうし。
ただ、教育も利権に売り飛ばす日本は退行していくだろうけど。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR