TOP > 国際 > 香港政府、逃亡犯条例の改正を中断 「説明不足」認め - BBCニュース

香港政府、逃亡犯条例の改正を中断 「説明不足」認め - BBCニュース

19コメント 登録日時:2019-06-15 22:06 | BBC Japanキャッシュ

刑事事件の容疑者を香港から中国本土へ引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案について、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は15日、記者会見を開き、立法会(議会)での審議を中断すると発表した。...

Twitterのコメント(19)

やはり国民の反対デモは効き目あるのよね🤷‍♀️‼️日本もやるべきではないのですか🙋❣️
香港のデモの件。19歳の妊娠している恋人を台湾で殺害し香港に帰国、罪に問われなかったというところの解決も問題かと。
どうか大好きな香港の人達がいつまでも自由であります様に😭
成り立ちを考えたら必要な法案ではあると思うけれど細やかな注釈が必要だよね…。
香港の逃亡犯条例延期にした理由の一つにアメリカが絡んでいるようです。アメリカが介入してきたら、事態は長期化しそうですね。
香港政府、逃亡犯条例の改正を中断。デモでもしない限り国民の声を判断材料にしてもらえない政治ってまじで絶望するんだけど 国民の声発信する方法、そんな方法しかないのかよ 2019年だぞ
_φ(・_・ 中断?
とりあえず、棚上げまでは持ってこれたか。さぁ、今度は日本で頑張ろう。
@iwakamiyasumi「自分たち政府に『いったん立ち止まり考えるよう』求める香港市民の声を聞き取った」と香港政府・林鄭月娥行政長官(BBC)
6月15日、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が、立法会での「逃亡犯条例」改訂審議の中断を発表しました。中国外務省も同日、香港政府の決定を支持する談話を発表。

6月15日
「我々の最終的な目標は、改正案を一時停止させることではなく、廃案にすることだ。明日にはまた大勢がデモに参加すると思う」
習近平に負けるんじゃないぞ、アジアの星香港市民頑張れ加油
「一国二制度」の下の特別行政区として、香港に保障されたはずの自由が、徐々に減退していると指摘する声もある。
そもそもイギリスは「清」から奪った香港を「中華人民共和国」に返す必要あったの?とか思ってきたな。
という表現を撤回すべきだし、武力鎮圧の責任を取るのが道理。不当に勾留された市民や多数の負傷者まで出た。行政長官が責任を取るのは当たり前の話。
「(香港人でも)組織や個人」からの干渉は中国政府は拒否する意思表明>
改正案について「説明と意思疎通」が不十分だったことを認めた>中国政府「(香港)情勢は純粋に中国の国内情勢であり、いかなる国や「組織や個人」からの干渉も受け入れない」
香港を見て、改めて目から鱗が落ちる思い。ぼくはデモの力を甘く見ていた。民衆の声は国を動かす力になることを香港は証明した。きっと日本でもできる。ただし、そのバックに共産党や労働組合や日教組や解放同盟のおじさん達が控えているとそのデモはパフォーマンスに終わる。
アメリカとEUは明確にNONをつきつけた。
反対派の事実上の勝利。

とはいえ、今後、機を見て変えるという政府側の意思は変わらず、か。
以上

記事本文: 香港政府、逃亡犯条例の改正を中断 「説明不足」認め - BBCニュース

関連記事