TOP > 国際 > 老舗菓子メーカーの後継者、ナチス時代の強制労働擁護で謝罪 ドイツ - BBCニュース

老舗菓子メーカーの後継者、ナチス時代の強制労働擁護で謝罪 ドイツ - BBCニュース

15コメント 登録日時:2019-05-16 12:14 | BBC Japanキャッシュ

ドイツの老舗ビスケットメーカー「バールセン」の後継者の女性が、同社がナチス時代に強制労働者を使っていたことについて「何も悪いことはしていない」と発言し、その後、謝罪した。...

Twitterのコメント(15)

ドイツの老舗ビスケットメーカー「バールセン」の後継者の女性が、同社がナチス時代に強制労働者を使っていたことについて「何も悪いことはしていない」と発言し、その後、謝罪に追い込まれた。
取材を受けたヴェレナ氏は、「それは私より前の時代のことで、強制労働者にもドイツ人労働者と同じように賃金を払い、同じような待遇をしていた」と答えた。
"ヴェレナ・バールセン氏(25)の発言は「歴史を無視した」ものだと批判され、会社もヴェレナ氏を擁護しなかった。"
BBC
25才若社長が金持ち自慢→蓄財できた歴史無視と批判受ける→強制労働を正当化→炎上・会社も擁護せず→謝罪「歴史を更に学ぶ必要に気付いた、次世代を担う者として社の歴史にも責任、お詫びしたい」
日本の(#安倍政権 の)#従軍慰安婦問題 での居直りを考えてしまうなあ。
先進国と未開国の差が大き過ぎて痛々しい。
"連立与党に属する社会民主党(SPD)のラース・クリングバイル氏は、「ばく大な富を相続する人は責任も共に相続すべきで、傲慢になってはいけない」と述べた。"
日本とドイツ。一方は歴史改竄に突き進み もう一方は歴史の教訓を記憶に刻み続ける。
間違ったらちゃんと謝るのは人の道。国も同じ。
ドイツ人もジャップランドと同盟組んでただけあるな。
「ユダヤ人の人々への虐殺に対して、私たちは、一生あやまり続けなければならない。
相手が許してくれようが、くれまいが、一生だ」
「国が栄えれば栄えるほど、、、だ!」
さて、日本はどうでしょう>
世界中何処でも似たような問題起きてるな
日本同様、ドイツも戦争を知らない世代の親から生まれた世代で歴史に学ばない輩が増えているようです。
(問)米国もロシアも戦中戦後の日本人虐待について何も問われないのに、なぜドイツ人だけは?
(答)負けたから
以上

記事本文: 老舗菓子メーカーの後継者、ナチス時代の強制労働擁護で謝罪 ドイツ - BBCニュース

関連記事