TOP > 国際 > ゴルバチョフ氏、トランプ氏に警告 INF全廃条約離脱で核軍縮崩壊と - BBCニュース

ゴルバチョフ氏、トランプ氏に警告 INF全廃条約離脱で核軍縮崩壊と - BBCニュース

15コメント 2018-10-22 12:59  BBC Japan

INF全廃条約に調印したゴルバチョフ元ソ連大統領は、条約からの米国離脱が核軍縮を台無しにすると述べた。

ツイッターのコメント(15)

2019*週末時計は❓

釈尊 『、にわかに起こ り、多くの被爆者たちが、水を求めて、川の中に飛び込み、富める者も卑しい者も水中に漂う魚の餌食となる❗』

BBCニュース -
🇷🇺が「」に違反しているから🇺🇸は離脱する?
違うだろ!違反しているなら遵守するよう求めるのが筋。自分が守りたくないという言い訳に過ぎない。
トランプに追従したら東京にINFが落ちるぞ!
軍拡競争の歯止めがなくなる。
私達は 氏を支持する。
残念ながらすでにロシアは米国の視野にない。トランプ政権はチャイナに対抗するために過去にロシアと結んだ条約を守ってららない。チャイナは米露より大量のミサイルを保有している。→ - BBC News ニュース
中距離核戦力全廃条約の破棄は誰にとっての益になるのか。剛腕が効果を生むのは短期間だけだ。愚かしい事だと思う。
米国のINF全廃条約破棄は、とても愚かな選択だ。破棄には中国の核ミサイル開発が念頭にあるようだが、これでは世界中に軍拡競争を促してしまう。条約破棄でなく締約国を拡げ、廃止対象の兵器を増やすべきだ
BBCニュース -

一体、どうなるのかな…。
トランプとシンゾーは先人達が努力して進めた平和主義、民主主義を50〜80年後退させている。
@mggyy これに関してはミサイル開発が事実ならロシアが悪いですね

棄てる物を作ってどうするのでしょうか?
時間的経済的に余裕があるなら地球環境や発展途上国への経済的支援を行えば良いと思います
要はINFに無関係の中国が、米露が所有できない中距離ミサイルを大量に保有してスプラトリーへの配備を狙っていることが、米国がINFを破棄する最も大きな理由であることは自明です。数年間原油を増産して価格を下げればロシアが破綻することを米国はよく知っています。
(BBC| )米国のライバルがロシアから中国になったという現実に適応する話。本件にトランプは関係なく、いずれ見直しが必要だった。互いの条約違反批判もどうでもいい。中国が参加する条約の再締結が課題。
トランプ大統領はロシアに警告しているのである。
オバマの責任は重いぞ。
米国によるこれまでの対中政策の誤りがここに現れたんでしょ。甘やかし過ぎた❗
トランプ大統領の「暴走」はもはや際限がなくなって来ているように思います。ゴルバチョフ氏などの良心的な政治家たちが命を懸けて進めてきた「核軍縮」を、彼の一存で廃棄するつもりなのでしょうか。
- BBC News ニュース
米国のINF全廃条約離脱は、ロシアの違反や中国の軍拡が理由とされるが、それならば改めて各国と交渉して中距離核ミサイル全廃条約をはじめとする核軍縮体制に実効性をもたせるのが筋だ。
「唯一の被爆国」として、再び核軍拡競争が激化する前に声を上げ行動するべきときだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR