TOP > 国際 > フィンランド、ベーシック・インカム試験運用を延長しないと決定 - BBCニュース

フィンランド、ベーシック・インカム試験運用を延長しないと決定 - BBCニュース

64コメント 2018-04-24 14:31  BBC Japan

フィンランド政府はこのほど、国民に最低限の収入を保障する「ベーシック・インカム」制度の試験運用を、終了期限の今年末から延長しないと決めた。

ツイッターのコメント(64)

各国のベーシックインカム実験
そもそも北欧(スゥエーデン)のベーシックインカム実験は「期間延長なし(事実上中止)」になってて、実験結果も「悪くはないが良くもない」という国が長期的に政策として取り入れるレベルではないってことになってるし。
フィンランド ベーシック・インカム試験運用を延長しないと決定 -

うわべだけで
BIは幸福度大きい!労働意欲下がらない!バージョンアップして継続!
とのデマがあるので注意

失業保険対象者だけに月6.5万給付 そのアンケートでBIの正当化なんかになるわけないだろ
過去、失敗してる。
>複数の福祉給付を一本化する「ユニバーサル・クレジット」制度の方が、ベーシック・インカムよりも有効だとする報告書を発表

>BI制度の原資を得るため所得税が30%引き上げられ、所得格差を拡大

>一方でUC制度が貧困率を9.7%に引き下げ、福祉給付制度の複雑さを低減
@tontonjyo1 1.BIは過去似たような事が散々行われていて、その結果は無視していいという理屈は存在しない。
フィンランドの実験は失敗だったから終った。
「試験運用の対象は失業中の2000人」


2.「現状の推移」の意味不明で意味無し。「悪化するままにせよ」って事なのかね?
結局、BI試験運用て貧困は拡大、やる気がない人はどんな施しがあっても、やる気が無いと証明されてしまったのですね。
ベーシックインカム賛成!ただし、生活保護や年金などの社会保障をカットするという条件ならば。
ベーシックインカムのお話
推進派は読んだほうが良い
@itati0 ほい。

ちなみに、終了済み。
雇用促進効果はあまりなく、期待していた結果には至らなかったとのこと。
1年前の記事
あと、こういうのとごっちゃになってる人も結構いる気がする>>>

これは政府がやめただけやで
たしか希望の党が12のゼロと共に(アベノミクスに対抗して)「ユリノミクス」ベーシックインカムで経済格差を一掃すると選挙公約。このフィンランドでの結果失業者増加…ほら小池無能無策
BIは思想は悪くないと思うのだけど、フィンランドの事例:
などを見ると、人間が合理的にお金の管理をすること、労働することがかなり難しいことがわかる。共産主義と同じで人間が賢いことを前提にした社会制度はより深い混乱をもたらす。
「政府のやる気は消え失せつつある」
もうこれ、欧州は社会実験のデータ以外は参考にせず
日本なりのやり方でBIの実験や制度設計や導入を
進めた方がいい結果になるのでは。
やる気の話か?
「ベーシックインカム」国の経費節減には一番の方法のようだが、「ベーシックインカム」自体の《定義》が定まっていないのが一番の問題みたいですね。個人的には「働かざる者食うべからず」なんですけどね。→
半端なやり方だったんじゃない? でも そこからこそ多くを学ばんとね
BIは普遍性と継続性が保証されて、それを前提とした労働市場の需給バランスが構築されないと意味がないやつだから、基本「一部試験的」な実施はあまりうまくいかないと思う。
@fTH7gOFi9ATWif0 税金を財源とするからには財源問題が付きまといます。其のうえ「ベーシックインカム」は運用の歴史が「ありません」。フィンランドでの実験くらいです。

議論するのは重要な事象である、とは同意しますが。現状のベーシックインカム論で導入するのが良いとは私には疑問です。
貧困対策でBI制度はフィンランドとカナダ・オンタリオ州で頓挫。スイスは国民投票で反対が多かった。そこでネガティブ・インカム・タックスと呼ばれる改革案があるという。あれ、それは生保では?/
"経済協力開発機構(OECD)の経済開発検討委員会(EDRC)(略)は、ベーシック・インカム制度の原資を得るため所得税が30%近く引き上げられる必要があると指摘"
延長されないと決まってたの今日知った。なるほど、「複数の福祉給付を一本化するユニバーサル・クレジット制度」なるものもあるのね。
ベーシックインカムは結局うまく行ってないのかな?
現在、失職中の2000人に毎月一律560ユーロ(約7万4300円)がベーシック・インカムとして支払われている。
→ 失職中だけの対象者だと共感貰えないのではないでしょうかね
フィンランドのベーシックインカムは微妙な感触らしい。でも増税が必要なのではなくて、ベーシックインカムで不要になる公務員をばっさりきればいいのでは。
竹中平蔵が推すイイ考えもやってみたらこの始末
小国は間違いをすぐに修整できる小回りの良さが
いいところ。
「試験運用で得られた知見は2019年末まで発表されない予定となっている」ふぅん。
ベーシックインカムの試験的運用によって得られた知見は2019年末まで発表されない予定、と
そもそもフィンランドの失業手当がどんなものか知らないのでこれだけだと良く分らぬ
4/24の記事。
時代の先を行きすぎたのかなあ。
フィンランドのベーシックインカム実験は中止とな。残念。本来は基本的な生活費を保証することが就労動機を高め安定化させるという意図があったはずだけど、それだけのエビデンスが得られなかったのか。
OECDは、ベーシックインカムに否定的なのか。
タイトルが釣りっぽいので、最後まで読むことをオススメします
貧困率が上昇するという見立てなのか。どういう根拠なのか気になる。相対的貧困の上昇なのか絶対的貧困の上昇なのかも記事で書いてほしかった。
うまくいかなかったんかな
BIじたいが否定されたとは思いたくない。分配の直線の傾きとか損益分岐点に相当するものを変えればまた別の結果が出ると思う――
@usakamenet3 フィンランドでは2017年から実験として始まったけど、中止になるらしいね。 ベーシックインカムには賛否両論あるけど、 フィンランド政府はこれであきらめたわけではなく、 新しい方法を検討しているらしい。
記事によると、政治的な変化によるものらしい。評価結果によるものでなくて残念。もっとも最初から少額過ぎてベーシックインカムと言えるものか疑問ではあった。
これから雇用は不安定になるので、セーフティネットの整備は必須。ベーシックインカムよりも負の所得税の方が公平な気はする。
「現在、失職中の2000人に毎月一律560ユーロ(約7万4300円)がベーシック・インカムとして支払われている。」これじゃ単に失業保険がBIの名に変わっただけじゃん。
結局共産主義と同じ理想論で終わるのかな?
BIじゃなければ人類はどうするんか??笑
中止となった理由を知りたいなー2019年末か。
フィンランドでは、ベーシック・インカムについて真剣に議論されているのに、
日本では、公文書改竄で、政府から出てきた調査の信用性の議論から始めないといけない。
理想と言われた、ベーシックインカム は失敗したのね
ベーシックインカム。先日の京都党でもベーシックインカムの是非を果てしなく議論していた。党内でも賛否が結局結論は出ないまま。しばらく議論を深めていく必要があるが、このニュースのもつインパクトはでかい。
ユニバーサルクレジットって制度がより良いんだって~(・ω・)
確かにユニバーサル・クレジットはかなり便利だろうけど、日本みたいな経済だとベーシックインカムも合わせないと大きな変化は無いだろうなぁ

しかしフィンランドが諦めちゃうとは残念…
この結果は今後の流れを左右しそう /
理由はあまり書いてなかったし知見はまだ発表されない、と。 /
失業対策が、失業を呼ぶと。殴ったな。
この記事では大したことは判らない。普遍的BIはきちんと本格導入されれば経済や社会の形態を一変させ得るポテンシャルを秘めていると踏んでいるのですが。>
「知的好奇心が旺盛になること」と両輪でなければ、単なる生活保護費みたいになってしまうよね。
色々お試し中の模様
ベーシックインカムが所得格差を広げると。
「フィンランド政府は、社会保障制度改革にベーシック・インカムとは別の方法を検討しており、試験運用は予定通り今年末で終了させる方針」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR