TOP > エンタメ > YOSHIKI&山中伸弥教授、新型コロナウイルス「最初の一撃が通り過ぎるのを待つ時期」 | BARKS

YOSHIKI&山中伸弥教授、新型コロナウイルス「最初の一撃が通り過ぎるのを待つ時期」 | BARKS

13コメント 2020-03-12 12:32  BARKS

3月11日、ニコニコチャンネル『YOSHIKI CHANNEL』にてYOSHIKIと山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所所長:iPS細胞研究でノーベル生理学・医学賞を受賞)の緊急対談が生放送され、新...

ツイッターのコメント(13)

▶が初めて経験するものだからエビデンスが無くて当然。今は大袈裟なくらいの対策をして、エビデンスが集積してから少しずつ緩めていけばいい

起きてからではなく、起きる前こそ備えを。
グッとラック 
番組出演してる人たちはこれを1万回音読したらどうか。総理会見の意味と意義がわかるのでは? 
山中教授「大切なのは早く対策をすること。人類が初めて経験するものだからエビデンスが無くて当然」
YOSHIKIさんと山中教授の対談かー。こっち界隈にも需要ありそうなので貼っておくね(*^^*)
「人類が初めて経験するものだからエビデンスが無くて当然。今は大袈裟なくらいの対策をして、エビデンスが集積してから少しずつ緩めていけばいい」
@ent_univ_ こちらご覧ください🥺
こういう方々の意見が発信される事、それを知ることに意義があると思う。
「同業者なので尊敬するアーティストや偉大な表現者の方々にこういった発言をするのはつらい。自分の首を絞めるとわかっていたけど、何もしないのは良心が許さず、発信することにした」
山中教授の発言を称賛するなら
「若い人は重篤症状になる可能性が低い分、周りの人にうつさないよう意識して行動してほしい」って話をきちんと守り
「政府も我慢している人たちに対して、ちゃんと生活面や収入の保障をしてあげてほしい」って話を政治家に伝えていかないとね
"~自粛により感染の速度を遅らせて、1日も早く解決策を見つけることが、将来的にも経済的にも回復を早めるのでは。"
人は自分の生活空間の言葉で思考し発言する。山中教授のような一流の科学者にとっての「エビデンス」とは慎重な検証に耐えるデータの累積だから時間を要する。しかし、政策実施が、政治家の山勘や打算に基づくもので良い訳ではないので「判断の根拠」は示せなければならない。
Yoshikiさん
(涙)
深く共感致します
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR