TOP > 政治・経済 > なぜ羽田-仙台定期便は飛んでいないのか 臨時便は受験生も利用

なぜ羽田-仙台定期便は飛んでいないのか 臨時便は受験生も利用

10コメント 2021-02-24 00:25  Aviation Wire

ツイッターのコメント(10)

なるほどやね
新幹線だけじゃねぇわな、これは
そりゃあ仙台空港に用事がある人なんて稀でしょう。多くの場合は通過点でしかない。
なるほど。新幹線に太刀打ち出来ないからってだけではなく、国際線旅行客をハブアンドスポークの要領で逃がしてしまう懸念もあるのか。
羽田ー仙台便は毎日じゃなくてもたまにあったらいいなと思いました。
平時だと東京仙台間は、はやぶさで1時間半程で行けてしまうからなあ。わざわざ空港まで行く方が時間がかかるわけで。
国際線乗り継ぎとしての利用を考えると、確かに多少需要はありそうな気はするけど…。
これ書いた奴、昔、羽田~仙台便が東亜国内航空のドル箱路線だったが、東北新幹線開業と同時に休止。復活しないまま廃止されたことすら知らないだろうな。
新幹線と競合するから…ってのは分かるんだけど💦繁忙期だけでも飛んでくれたら便利だなぁ。
(仙台空港24時間化とは別に)個人的には、国際線乗り継ぎとして、羽田便が無いのが地味に痛いかなと考えています。もっとも、航空需要がいつ戻るか不透明ですけど。
そりゃ東北新幹線とか高速バス利用しちゃうからねえ。
1982年に東北新幹線が開通するまでは羽田と仙台を結ぶ航空便は結構あったんだけど、新幹線と所要時間が変わらない上に運賃が鉄道より割高な分需要が激減して3年後の上野延伸で廃止された経緯があるからな…/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR