TOP > 政治・経済 > JAL、A350は14機体制に 21年度国内線、777は早期退役

JAL、A350は14機体制に 21年度国内線、777は早期退役

15コメント 2021-01-19 20:40  Aviation Wire

ツイッターのコメント(15)

PW4000系エンジン爆破!

やられたら倍返し!爆破!

爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!爆破!
この話、見過ごしていたけども…
何やら A380 や 747 ばかりか、777 も居場所が無くなって来てる
感じで寂しい。
日本国内で 777 が見られなくなった時点で、正真正銘にリタイア
するのも良いかも知れない。
山の見える村に移り、書庫を建て、その片隅で寝起きする、と… 😇
場合によっては、さらに早くなるかもなぁ。この前のエンジントラブルの原因次第だけど。
つまり、国内線で JAL のトリプルに乗れる期間はもう長くないよと。
JAL、A359を2021年に6機導入し14機体制。全て国内線。羽田那覇線も増えそうですね。
A350が増えるのは嬉しいけど・・トリプルが退役するのは悲しいですね。

来年3月いっぱいでドメのトリプルが全機退役とは😭
置き換えには合理性があるとはいえ、財務体質強すぎんか。昔のエクストリーム会計が嘘みたい。新生日本航空の力を見せられている気がする。
(Aviation Wire)

リ ¯•ω•¯ )飛行機乗りたい
いよいよ赤組さんのトリプルもか
伊丹線によろしく
大型機はもう無くなるな…
時代の潮流。
A350もあっという間に増えるな…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR