TOP > 政治・経済 > ANA、787で中距離国際線LCC新設 アジア豪州方面、エアージャパン母体で22年度就航へ

ANA、787で中距離国際線LCC新設 アジア豪州方面、エアージャパン母体で22年度就航へ

11コメント 2020-10-27 22:57  Aviation Wire

ツイッターのコメント(11)

会員用記事:

結構前のニュースだけど、圧縮ファイルを超える名前つけてくるのかな🙄
これも気になる!!
アジアに行きやすくなるのかなー!!
コンセプト、機材ともJALの中距離LCC ZIPAIRとまる被り。
欧米がCOVID-19でああだから、アジアの航空会社は域内プレゼンスを高めざるを得ない。
思わぬアジアと欧米のデカップリングかも。
縮小撤退を見誤るのは戦時中と同じだな。株主見て会社なくなる。合掌
ANAがエアージャパン母体の国際線LCC新設!ZIPAIRのようなエアラインになるのでしょうか。エアージャパンの立ち位置は今後どうなっていくのか?航空業界はどんどん既成概念にとらわれず手を打ってきていますね。注目していきたい。
え、マジ?新LCC事業!?22年度にやるの?大丈夫?
【 アジア豪州方面、エアージャパン母体で22年度就航へ】

使い道のないA380を800席詰め込み仕様にして飛ばしてみるとか…。
ANA版JALWAYSの導入により、新会社は仮称ANAWAYS。
これは、コロナ禍前の運航実績でユニットレベニューが低かった成田発着路線を移管する形なんでしょうね。関空や中部の場合、既に移管できるほどの路線は残っていませんし。
中距離LCCの記事を載せました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR