TOP > IT・テクノロジー > 「日本企業は採用によってIT部門の人員を増やそうという意志が弱い」 ガートナー:エンタープライズアプリ開発に関する調査 - @IT

「日本企業は採用によってIT部門の人員を増やそうという意志が弱い」 ガートナー:エンタープライズアプリ開発に関する調査 - @IT

11コメント 2020-02-04 08:31  @IT

ガートナーは、エンタープライズアプリケーションの開発について、人員やスキルの不足に直面している企業の割合が8割との調査結果を発表した。その対処としては外注が過半数を占め、積極的に育成しようとする割合は...

ツイッターのコメント(11)

- @ IT そもそも投資対象で無いし、必要な時だけ雇うと言った感じかね?
ITは費用でありなるべく価格を抑えたい、と考えているのかも。売上に結び付くなんて思わないからノウハウを社内にためようとしない。それに応える人月商売SIerたちの存在も。
情シスや総務・人事は社内で使えなかった人材の掃き溜めになりがちだからキャリア採用は難しく新卒一括採用のお陰で離職率も下がるという縮小均衡の象徴。
そんな人たちがExcelトレーナーとか○○コーチとかキャリアアドバイザーとかやってるから良い子は注意
日本企業?!
ふざけんな!
外資系企業IT部門の方が遥かに人件費安い国にジャンジャカ丸投げしとるわい!
いまさらな内容の記事。

>人員やスキルの不足に直面している企業の割合が8割との調査結果を発表した。その対処としては外注が過半数を占め、積極的に育成しようとする割合は2割程度だった。
SIer丸投げでレベル低い人が多いよね。。。
育成する気なくて外注ばかりしていると 育成できないの方が正しい気もするけどね…
IT人材は社内にいないと回らなくなる時代だと思うのだけれどなぁ(´・ω・`)
本来なら「戦略的部門」であるICT関係を、未だに「コスト部門」としか見てない糞が経営してんだから当然よな。
『 』
おっしゃる通りでございます。(IT部門人員談)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR