TOP > IT・テクノロジー > データサイエンティストでない人に、データサイエンティストっぽく働いてもらおう:DataRobot概説 - @IT

データサイエンティストでない人に、データサイエンティストっぽく働いてもらおう:DataRobot概説 - @IT

12コメント 2019-10-07 05:35 | @ITキャッシュ

データサイエンティスト不足が社会問題になっている。昨今、データサイエンティストでない人でも機械学習モデルを自動生成できるツールやサービスが多数登場しているが、その一つであるDataRobotにどのような機能があり、どのようにデータサイエンティスト不足問題を改善しようとしているかを解説する。...

ツイッターのコメント(12)

2025年からデータサイエンスが高校必須科目になるのか。
現プログラミング教育に続き私の進んでる道じゃないか!私のアドバンテージが0になるわ。
なかなか面白い連載がはじまった。
日本の場合 高給で働く外国人と それ以下で働く日本人にわかれそうね。
DataRobotの紹介記事っぽいから野暮だろうけど煽りが強い。。 / “ - @IT”
ツール化が進み、裾野が広がる。
そして活用できるデータが必要になる。
グラフに、あいとまと書くなw
=> データサイエンティストでない人に、データサイエンティストっぽく働いてもらおう
こんなこと断言するデータサイエンティスト、危なっかしすぎる→“このグラフからいえることは、需要は指数関数的に増大する、ということだ” / “ - @IT”
ある。たしかにあるなー。

業務特化な人が、サイエンティストのサポートを受けながら、データを読み解く方がいい説。

デジタル化人材を育てるための基盤づくりは加速しそうすね。
DataRobotの「前処理」が、どこまでやってくれるのかが気になります!

特徴量選択や、マルチコの確認などやってくれるのかな。

それもやってくれるなら、相当使えそうだし、使ってみたい

データサイエンティストでない人に、データサイエンティストっぽく働いてもらおう
「データサイエンティストでない人に、データサイエンティストっぽく働いてもらおう 」を公開しました。
以上
 

いま話題のニュース

PR