TOP > IT・テクノロジー > 「Kubernetesで運用する」その前に Kubernetesを本番環境で利用する際のポイント (1/3):キャッチアップが大切 - @IT

「Kubernetesで運用する」その前に Kubernetesを本番環境で利用する際のポイント (1/3):キャッチアップが大切 - @IT

14コメント 登録日時:2019-01-21 08:34 | @ITキャッシュ

日本マイクロソフトは2018年11月5~7日に「Microsoft Tech Summit 2018」を開催。MicrosoftでCloud Developer Advocateを務める寺田佳央氏は、Kubernetesを本番環境で活用する際のポイントや、今後のJavaについて語った。 (1/3)...

Twitterのコメント(14)

"「Persistent Volumes」の利用を極力避ける" たしかにPVCとか本番で使える感じがしないなー / 「Kubernetesで運用する」その前に  -
Javaはコンテナを意識した機能をどんどん追加してるみたいですね。
jlinkコマンド、コンテナに割り当てられたcpu, メモリの把握機能

(3/3) - @IT
ほむ〜

このあたりってプログラマーの範囲?それともインフラさんの範囲?

というかどっちもやってる人が多いのかなぁ〜
正座して読んでる / “「Kubernetesで運用する」その前に  - @IT”
記事のまとめ方の問題かもしれないけど、いきなりYAMLから説明始めていて、初心者を置いていった感が強い。/
「Kubernetesで運用する」その前に  Kubernetesは数カ月に1回バージョンが上がり、キャッチアップが難しい。『アプリケーションをコンテナ化したい』という理由だけで安易にKubernetesを選択すると、予想以上に大変な思いをする。
k8s つらーい

(2/3) - @IT
Persistent Volumesのissueは読まねば。メンテを考えなければ構築楽なのはあると思う。
本番運用のノウハウは参考になる。特に「どうやって死ぬか」「やってはいけないこと」「使ってはいけない機能」。
"Kubernetesをバージョンアップした後にコンテナが動く保証はない" そうなんだ
昨年の Microsoft Tech Summit 2018 で登壇した時の内容を下記のに記事化していただいたようです!!
やってた(ケチるためクラスタが一つしかないから)
>動く保証を持たないまま、本番環境で動いているKubernetesクラスタのアップデートはお勧めできない。もし、Kubernetes本体をアップデートする場合は、新規クラスタの構築を推奨する。
ここでいうkubeを使うとは、どういう意味だろうか? / “「Kubernetesで運用する」その前に  - @IT”
日本マイクロソフトは2018年11月5~7日に「Microsoft Tech Summit 2018」を開催。MicrosoftでCloud Developer Advocateを務める寺田佳央氏は、Kubernetesを本番環境で活用する際のポイントや、今後のJavaについて語った。
以上

記事本文: 「Kubernetesで運用する」その前に Kubernetesを本番環境で利用する際のポイント (1/3):キャッチアップが大切 - @IT

関連記事