TOP > IT・テクノロジー > BFF(Backends For Frontends)超入門――Netflix、Twitter、リクルートテクノロジーズが採用する理由 (1/2):マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(1) - @IT

BFF(Backends For Frontends)超入門――Netflix、Twitter、リクルートテクノロジーズが採用する理由 (1/2):マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(1) - @IT

28コメント 登録日時:2019-01-07 05:21 | @ITキャッシュ

マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発に求められる技術の1つBackends For Frontends(BFF)について解説する連載。初回は「超入門」としてBFFの概要や事例を中心に紹介する。 (1/2)...

ツイッターのコメント(28)

BFF ってそういうことだったんだ。
何事もそうだけど、歴史的な背景と変化を学ぶと、より物事を理解できる気がするな。
これ…ひょっとすると「BFF」がある程度の解決策になるんじゃ…。
BFFの記事。わかりやすかった。Best Friend Foreverではない。
なるほど。これがBFFというものか。
とりあえず概要は分かった。
リリウムはご信頼に背きました
BFFについて詳しい人、具体的に教えて
@nerinuvr
調べても何もわからなかった...こわい.
Rails触った時のカルチャーショックはあった(自分は打ちひしがれた

チュートリアル終わったら、テストをRSpecで書いたり、Rubocop入れてみたり、フロントをReact / Vue等に置き換えてみるといいかも
BFFってなんやねんって思ってたけど、これのことか、BFFって呼ぶのねって今知った。
いやぁ、最近感度低い。
まぁこうなってくるわな。
組織構造とアーキテクチャを揃えるのも大事だよなあ…
恥ずかしながら今更BFFなるものを知り、 ではDjangoを推しましたが、 WebはDjango一択というわけではなさそうと思い知りました

Webアプリが大きくなってくると、モノリスからマイクロサービスへ移行=APIの集合になるから、PythonでやるならDjangoはむしろ大変かも
@plus_one_masaki @_kinmi いわゆるマイクロサービスでいうBFF(Backend for frontends)の部分のことでしょうか?
GWはBFFを勉強しよう |
これBFF知らぬ人におすすめの記事ンゴねー / マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(1): (1/2) - @IT
読んでる:
マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(1): (1/2) - @IT
BFF(Backend Frontend)とはなんぞやって言う記事。
そんなに分かりやすくはなかったけど為になる事は書いてあった。
概念はわかっていても、BFFと言う単語は知らなかった。わかりやすい解説。サーバーサイドエンジニアに求められるところは、API開発、DB周り、アプリケーションの構成などになってくる気がするな
@ayasuda_jp まずはBFFを理解すると良さそう
あとは、GAE使う場合は「スピンアップ速度」とかを考慮するとGoがファーストチョイスになりますし、BFFという用途ではフロントエンドのエンジニアがバックエンドの開発も担当するので必然的にJavaScript(Node.js)が使われることになる、という感じですかね(^.^)
🧐>Backends Frontends(BFF)とは
>名前の通り、フロントエンドのためのバックエンド(サーバ)です。>「フロントエンド専用」という役割が異なります。
フロントエンドのためにサーバを持つBFFっていい考え方だなと共感
ちょっとやってみたい
@YOSUKENAKAO マイクロサービス化と、複数デバイスの業務ロジック単一化統制の一環で、BFFをElixirで作るようになり、フロントに複雑な処理が不要となり、フロントでのロジック開発量が、かなり抑制された背景があります😙 ちなみに、BFFについては、以下が分かりやすいです😉
BFFの解説記事。
GraphQLがあればMobile BFF、Web For BFFみたいな、クライアント毎のエンドポイントが要らなくなるのかな?
なんとなく考えがまとまってきた。
以上

記事本文: BFF(Backends For Frontends)超入門――Netflix、Twitter、リクルートテクノロジーズが採用する理由 (1/2):マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(1) - @IT

いま話題の記事