TOP > IT・テクノロジー > アマゾンCTOが語った、「クラウドネイティブ」なアプリのつくりかた:プログラマブルな、制約のないリソースを活用せよ - @IT

アマゾンCTOが語った、「クラウドネイティブ」なアプリのつくりかた:プログラマブルな、制約のないリソースを活用せよ - @IT

41コメント 2012-12-03 21:01 | @ITキャッシュ

米アマゾンCTOのヴァーナー・ヴォーゲルズ(Werner Vogels)氏は11月29日、米Amazon Web Services(AWS)のイベント「re:Invent」2日目の基調講演で、21世紀的なアプリケーション開発のあり方について刺激的な議論を展開した。...

ツイッターのコメント(41)

“ヴォーゲルズ氏がまず指摘したのは、アプリケーションをできるだけ小さな単位にコンポーネント化することと、できるだけステートレスな設計にすること。「ステートレス化を進めればオートスケールもしやすい」。” / “プログラマブルな、制…”
そのとおり!「ビジネスルールに基づいてアプリケーションをコントロールしたいなら、人間はそのループに介在する余地がない」/
いいですね、勉強になります。>
『プログラマブルな、制約のないリソースを活用せよ:アマゾンCTOが語った、「クラウドネイティブ」なアプリのつくりかた』
[AWS]にゃるほど /
クラウドネイティブなアプリのつくりかた
AmazonのCTOのヴォーゲルズ氏がシブい。惚れた :-)
-  うーむか
『sshやrdpでEC2インスタンスにログインすることがあるなら、あなたの自動化はそこで途切れている』/
受託で「特定のインスタンスタイプを前提とせずに開発する」には、新しい見積り方法が必要そう。インスタンスタイプと利用時間の掛け算で見積もり出してるようでは、ダメなんだろうなぁ。 / “プログラマブルな、制約のないリソースを活用せよ:アマ…”
コンティニュアス~ のくだりが興味深い。「本番環境」が「重苦しいもの」から反転して「気軽なもの」になる。僕にとってAWSの一番の魅力はこれだな。 >プログラマブルな、制約のないリソースを活用せよ:アマゾンCTOが語った -
基本的な考え方はAzureでも同じだねぇ。また、どう作るかを考えたときにIaaSよりもPaaSの方が有利だし静的なものはアクセス可能なストレージに置くのも同じだね。
- 米アマゾンCTOのヴァーナー・ヴォーゲルズ(Werner Vogels)氏は11月29日、米Amazon Web Services(AWS)のイベント「re:I...
難しっ! でも、なんとなくそうだなぁと感じますね。/
情報のデフレがどんどん進んでいく? → 米アマゾンCTOのヴァーナー・ヴォーゲルズ氏 → クラウドコンピューティング→では、ITリソースに関する制約が取り払われるとともに、これらのリソースすべてがプログラマブルになる。
米アマゾンCTOのヴァーナー・ヴォーゲルズ(Werner Vogels)氏は11月29日、米Amazon W…
開発も新しい領域に突入しようとしている。/
Amazonは世界で一番真面目にプラットフォームというものを考えている企業だと思う... AWSを使うかどうかに限らず示唆にあふれてる /
示唆に富んでるなぁ。 /
【メカ・にっしー】[@it]
アマゾンCTOのヴォーゲルズ氏の講演がかなり刺激的であったため、長文ですが書いてみました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR