TOP > 科学・学問 > アストロアーツ > 超大質量ブラック...

超大質量ブラックホールの重力を振り切る「超光速噴出流」 - アストロアーツ

5コメント 登録日時:2019-03-14 23:02 | アストロアーツキャッシュ

Twitterのコメント(5)

今月の「Q.E.D.iff 証明終了」に、たまたまブラックホールが出てくるのですが、今回撮影された映像のような絵の上に、チョロッと白いものが描いてあります。あれは「ジェット」と呼ばれるもので、こちらは3年前に撮影されてますね。
じぶんようめも。まじかよ宇宙ヤバイ。
このあたりの記事とかを見て、俺が宇宙についてどのようなニュースを聞いても意味がないと思った。”超大質量ブラックホールの重力を振り切る「超光速噴出流」”ブラックホールを振り切るという意味がわからないし見かけ上光速を越えるとかももう俺にはわからない。
「M87の中心には太陽の60億倍という宇宙最大クラスの質量を持つ超大質量ブラックホールが存在している。また、M87の中心核から約5000光年にわたりビーム状のジェットが光速の98%以上の速度で運動している様子が観測されている。」なんやそれwwすげー
科学者達の話を聞くのは楽しい。
難しいけど。

宇宙わけわからなすぎて怖い。
以上

記事本文: 超大質量ブラックホールの重力を振り切る「超光速噴出流」 - アストロアーツ

関連記事