TOP > 科学・学問 > 史上初、ブラックホールの撮影に成功! - アストロアーツ

史上初、ブラックホールの撮影に成功! - アストロアーツ

ツイッターのコメント(14)

@Silica_pika 横から失礼します。
BHが曲げた光による独特のパターンを確認したということのようです。
こちらに解説動画がありました。
ブラックホール自体は撮影できないから、ブラックホールが吸い込んでる光の動きを撮影したんやなかったかな(適当)
ブラックホールの画像が撮影されて、驚くべきことはその技術だってのは確かに盲点に感じた

情報の可視化による、過大な評価を受けてるんかな
ブラックホールの構造をとてつもなく簡単に言うと‥
質量があるのに体積がゼロの浮遊物体
(違うかも)
20190415見聞:ランチ横のリーマン男子会話「先輩、人類が初めてブラックホールの撮影に成功したらしいです!」「へー、それってすごいの」「わかんないっす!」
今さらながらM87銀河中心のブラックホール直接観測の話題。すっかりおなじみになったオレンジのドーナツの視直径はわずか42μ秒角(0.000043秒角)。ブラックホールの質量は推定65億大量質量。
アストロアーツよりピックアップ。
アストロアーツのブラックホールの記事が簡潔で分かりやすい。
ブラックホールシャドウと事象の地平面の関係もちゃんと書いてある。
写真の"オレンジ色に見えて"いるのは周りのチリやガスで、ブラックホールは、その中心の"真っ黒に見えて"いる天体です。

"黒いカラスは闇夜では見えないよね?でも後ろからライトを当てたら、その光に照らされて浮かび上がる。この写真も同じようなものなんだよ"☆西野
AstroArts: ハワイや南米、南極などに設置された電波望遠鏡が協力する国際プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ」が、5500万光年彼方の銀河の中心に存在する超大質量ブラックホールを撮影する.
ここの解説が一番詳しいのかな
このニュースほんとワクワクする。天体写真撮ると分かるけど、明るい星雲や銀河ですら撮影難しいのに、5500万光年も先のまったく光を発しない天体を撮影するのがどれだけ難しいことか!
冷たい宇宙空間に不思議な黒い渦があるのを発見した望遠鏡の視力300万という単位が実にゆでイズム全開
#キン肉マン
以上
 

いま話題のニュース

PR