TOP > 科学・学問 > アストロアーツ > ESAの火星探査...

ESAの火星探査車に「ロザリンド・フランクリン」と命名 - アストロアーツ

5コメント 登録日時:2019-02-14 23:37 | アストロアーツキャッシュ

Twitterのコメント(5)

最近、気になったニュースはこれ。

自分が生きている間に、誰か火星に住んでいるだろうか。ただ放射能とかの問題があるから難題ですが。ロザリンド・フランクリン女史は欧米では結構有名な化学者でございますね。ワトソン・クリックざまーみやがれって感じです(意味不明)
「ジム・ワトソン」はもう無いだろうな。
エクソマーズ・ローバーの名前が一般公募から「ロザリンド・フランクリン」になった、と / “ESAの火星探査車に「ロザリンド・フランクリン」と命名 - アストロアーツ”
天王星の衛星にもロザリンドがあって、ロザリンドっていう名前、割とある名前なのかな。

ESAの火星探査車に「ロザリンド・フランクリン」と命名 - アストロアーツ
"フランクリンの名は私たちに、探求すべきはヒトの遺伝子であるということを思い出させてくれます。科学の対象は私たちのDNAの中にあり、また私たちがESAで行っているすべての活動の中にあります。" / “ESAの火星探査車に「ロザリンド・フランクリン」と命名 - アストロア…”
以上

記事本文: ESAの火星探査車に「ロザリンド・フランクリン」と命名 - アストロアーツ

関連記事