TOP > 科学・学問 > アストロアーツ > 2月11日未明、...

2月11日未明、クレオパトラが星を隠す - アストロアーツ

9コメント 登録日時:2019-02-02 07:32 | アストロアーツキャッシュ

Twitterのコメント(9)

今夜、小惑星が恒星を隠す現象があると、以前天文部に話したんだけど、観測するのかな? そもそも精密観測用に渡してある機材GHS-OSDの存在や使い方は?
ええやん、晴れればだけど
2月11日未明1時5分ごろ、犬の骨のような形状の小惑星「クレオパトラ」がいっかくじゅう座の9.45等の恒星を隠す「恒星食」。関東一円で観測可能。「恒星は最長19.8秒にわたって約1.9等級暗くなる」。小惑星の詳しい形状を解明するチャンス。
アストロアーツよりピックアップ。
● 2月11日未明、小惑星クレオパトラによる恒星食

2月11日午前1時ごろ、関東周辺で見られます。

9.45等の明るいいっかくじゅう座の恒星(冬の大三角の中)の前を、奇妙な形をした小惑星クレオパトラが通り過ぎます。
明るさを観測すれば、面白い結果が得られそうです。
>2月11日の未明1時ごろ、小惑星「クレオパトラ」が恒星の手前を通過して光を遮る恒星食が起こり、関東地方などで見られる。小惑星による恒星食としては今年一番の好条件といえる注目の現象
ほねっこ?(;・ω・)
これは八王子はバッチリ掩蔽帯に入っているし、曜日時間ともに申し分ない好条件じゃん。
クレオパトラというよりは、ごん太のほねっこ。。
「眼視観測も歓迎です。観測の際にはできるだけ正確な時報を用意してください。」
「観測の成果は全世界に公開され、星食の研究に役立てられます。」
以上

記事本文: 2月11日未明、クレオパトラが星を隠す - アストロアーツ