TOP > 科学・学問 > アルビレオは連星ではなく見かけの二重星 - アストロアーツ

アルビレオは連星ではなく見かけの二重星 - アストロアーツ

13コメント 登録日時:2018-08-20 22:41 | アストロアーツキャッシュ

ツイッターのコメント(13)

あとアストラエアの本編テーマと関係ないから入れませんが、最近の科学で当時未知だったことも解き明かされているんだなと思いました。
あの子とあの子の優しさを感じて、アス永遠のライターさんロマンチックだし私泣きました...

「 」
@PBD86935 固有運動がお互いに異なっているようです。
今日、焼走りで見せてもらった。
天文学的には旬な奴?
流星群除く。
連星じゃなかった
白鳥座のアルビレオは二重星。宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』では「眼もさめるような、青宝玉(サファイア)と黄玉(トパース)の大きな二つのすきとおった球が、輪になってしずかにくるくると」回る、天の川の流速を測る観測所として登場。
カンパネルラ、名高いアルビレオの観測所、ほんとはないってよ。
天ノ川沙夜の両眼、実際は60光年近く離れていたことがつい先日判明したそうな
遥か彼方過ぎると距離感が掴めない
アルビレオは、小さな望遠鏡でも見られる美しい二重星。これで「見かけ」が確定した。
結局アルビレオは見かけの二重星か。
やっぱそうよな〜、色違うものね。連星というには疑問が残るものね。
自分のキャラネームの由来('ω'*)
位置天文衛星「ガイア」の活躍か ガイアのデータによると、アルビレオAの固有運動は1年に16.66ミリ秒角で、移動方向は南南東だ。一方、アルビレオBの固有運動は1年に1.13ミリ秒角で、移動方向は西南西だった。:
以上

記事本文: アルビレオは連星ではなく見かけの二重星 - アストロアーツ

いま話題の記事