TOP > 社会 > 永世七冠 羽生善治:朝日新聞デジタル

永世七冠 羽生善治:朝日新聞デジタル

211コメント 登録日時:2017-12-05 19:55 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

史上初の「永世七冠」を達成したプロ棋士・羽生善治。中学3年でのプロデビュー後、平成を駆け抜けた天才棋士の偉業を振り返る、朝日新聞のデジタル号外です。...

ツイッターのコメント(211)

こんな記事があるのを知らなかった。朝日新聞は好きでは無いけど、朝日新聞ありがとう。
何回聞いてもすごいことや❗️🐾
朝日新聞社は2013年から6年連続で入賞してるとか。
17年には羽生さんで😆

17年 「 羽生善治」(優秀賞)
羽生さんといえば朝日新聞デジタルのこの記事を思い出す。見やすいしなんかぬるぬる動いて気持ちいい。(内容はそこまでちゃんと読んでない🤤)
本文とは関係ないけど、最後の文章読み終わった後にスクロールすると白黒の写真がカラーになるの、羽生さんの「過去の記録 → これからの勝負」を表しているようで良い。
小学校5年から将棋をはじめたころ、この人はすごい将棋棋士だ、と憧れた。そして今日、国民栄誉賞❗️
おめでとうございます❗️
羽生さんの永世七冠を讃える朝日新聞のこのサイト、非常に力が入っていて何度も見たくなるんですが、その度にカメラを見て悩ましげな表情をしている村瀬さんが冒頭に出てきていつもクスッとなる。
村)国民栄誉賞受賞が決まった羽生竜王、「永世七冠」達成時に公開されたデジタル版の号外を改めてご紹介します。
- 羽生さんの功績がわかりやすい資料
羽生良治 様 改めまして おめでとうございます
とても分かり易くまとめられています
朝日新聞デジタルの羽生善治永世七冠の記事 のような品質で記事を編集するスキルは、物事が分かりにくくなって単純化された物語に流されやすくなっている現状では、結構重要かも。
ずっと何かしらタイトルを保持し続けている凄さ。
⇒ 朝日新聞、いい仕事してますねぇ。
良い記事。羽生さん、おめでとうございます。 / (朝日新聞デジタル)
とてつもない記録達成!おめでとうございます。
永世七冠ってどれぐらいすごいの?ってテニスファンの母に聞かれたので「全米と全豪を通算5回優勝、全仏と全英を連続5回優勝したら『永世グランドスラム』になれる感じ」って言ったら「それは確かにありえへんわ…」と納得していただけた
羽生さんの凄さやかっこよさは言わずもがな、この記事も本当にかっこいい。/
素晴らしい記事。こういう取り組みってビジュアルに走りがちだけれど、これは解りやすい上に構成も良い
分かりやすく、とても深い。
←勝った羽生と負けた渡辺の表情の対比が面白い。年表の「出来事」のセレクトに意気込みを感じる。
とってもわかりやすく良い記事!

大手出版社がデジタルアーティクルに100%betしたら、インターネットのコンテンツクオリティが一気に底上げされそう。。大いなるポテンシャルを感じました
宗谷名人もいずれこうなるんでしょうな
羽生さんの永世七冠に関する朝日新聞デジタルの記事。内容もサイトの構成、見せ方すべてに感動した。これは将棋ファンじゃなくても読んでほしいって思える。
改めて羽生さんおめでとうございます!
モーションがすごく多いのに、その全てがページを見やすくしてる。すごい。
非常に良い記事でした
帰宅したらじっくり読むか~
羽生さんのすごさがよく分かる記事
これは本当に良記事。
紙面もとても見やすいしエフェクトを効果的に使っていると思います。
何か発表作るときの参考にしよう
『この記事すごい』
って聞いたから見てみたんだけど…すっごい読みやすい。
スマホで読む事を前提で構成されてるし、ちゃんと将棋を知り尽くしてる人が書いた文章ですね。
良い例だと思います。
かっこいい
良記事だけど、NHK杯は名人経験者を次々に破って優勝した記述もあったほうがいいのでは
よくまとまった特集だと思います。あとでゆっくり読んでみます。
羽生さんってすごいんだな。
今まで読んだ電子版の中でも群を抜いて一番よい記事。
確かにいい記事。
途中の表がスクロールによってパラパラプロットされるのとか、最後の羽生さんの写真がモノクロからカラーになるギミックとかもこの記事で語ってる羽生さんのすごさをうまいこと表現してる。
( ゚д゚)この記事の書き方は素晴らしいな。念入りに追い続けてきたというのがよくわかるし、何よりわかりやすい。
羽生永世名人を政治プロパガンダに貶めるブン屋などごみ箱に捨てておけ。
礼賛する人々は羽生さんの気持ちになって考えよ。
こんなにまで美しく纏まった記事があるだろうか…。
羽生永世七冠についてはコレ読んどけばOKだわ。
やっぱり羽生さんすごいです(語彙力なし)
羽生さんの凄みを改めて感じられる記事。分かりやすい。
この特集記事、レベル高い。 /
羽生さんすごい…の前に記事の作り込みに目がいった
羽生さんずっと強いよね。本当にすごい
永世棋王と永世王将の条件がキツすぎる 笑 / (朝日新聞デジタル)
羽生さんかっこいいなぁ
朝日新聞のネット版、いいなー。昔真央ちゃんの記事が上がったときも素晴らしいUIだったが、この記事も将棋のタイトル経歴のわかりにくさが素人にも一瞬でわかる。
これは内容もデザインもとってもかっこいいサイトだね
すげーなー
羽生さんからしか知らない世代なので永世称号ってけっこうみんな取れてるもんだと思ってました
こうみるとほんとすごい
浅田真央さんのときのページのほうがインパクトは強いかも。
でも、「新聞社の本気が見えるサイトページ」。
この言葉の意味をもっとちゃんと考えないとなあ。
>常にちょっとずつ何かに挑戦する。

真理はこのあたりにありそだぞ。
羽生さんすごい。そしてこの記事もすごい。
一見複雑な棋界のしくみがスムーズに入ってくる、これこそという記事。そして改めて羽生のすごさ。
この記事話題になってるけど、見せ方すごくいい。
これすごいな。
羽生棋士の偉業、将棋界のこと知らない私にも、これはわかりやすい
この記事凄い。文字読みながら久々に感動
素晴らしい特集記事
朝日の号外の表を見ると、羽生竜王の怪物ぶりがよくわかる。
羽生さんかっこいいな。
圧巻。/
歩みが一目でわかる…素晴らしい。。
年表に「SMAP 世界に一つだけの花」が載ってる( ・∀・)
見やすい!
私は将棋、全然わからないのですが、羽生さんの名前はずーっと前から知ってます。公文絡みもあって。あ、ひふみんもよく知ってます。教会絡みで😊
この記事、朝日新聞のものですが、取材せずに作れるので取材力に劣るウェブメディアでも参考になります→
競馬で言うならG1ぜんぶ勝ったみたいな感じかな。 >
羽生さんもいつの間にやら47才。たくさんの実績を積み重ねてきたのね。素晴らしい。
見せ方がすごい素敵。
仕事の休憩中ずっと読んでた
10年近く前(2008年)に、すでに永世六冠だったことが改めてすごいと感じさせる表が載っている//
ここまで来ても、羽生さんの“未達成感”が凄いよね。どこまで行く気なんだろうか。
おもしろい
この記事はスバラシイ
(発行元は、あれやけど…)
あとでゆっくり読む。--
めっちゃ凝ったページだな。◆
記事の流れと最後の写真の演出が格好良すぎる。
年表の成立法案チョイスがイケてないなぁ
デジタル時代を駆使した見やすく分かりやすい、とてもいい記事だなー。 >
最高......
本当におめでとうございます。
これは良い記事
同い年、スゴイ。
羽生さんもページもかっこいい【Share】
こめられた愛が素敵な記事…(絵美菜)
来年、王位も王座も取り返されそうな気がする(´・ω・`)
この記事、えらい気合い入れてるな。
しかしこの記事見せ方が凝ってることにも感嘆する。最後の写真だけ、スクロールするとカラーになるのとか、過去と現在って感じを出してる。
この記事の質がすこぶる高くて感動した
凄すぎるな…
羽生さんのタイトル戴冠から永世七冠までの経緯。泣かせに来ているのでは。
もっと見る (残り約111件)

記事本文: 永世七冠 羽生善治:朝日新聞デジタル